青山繁晴

北朝鮮の ICBM が米軍に与えた本当の衝撃

投稿日:2017年7月31日 更新日:

衝撃の理由 ➡ 弾頭が灰にならないでそのまま(バラバラにならないで)地上に落ちてきたからだ!

虎ノ門ニュース(青山繁晴氏の解説、書き起こし)によると・・・

北海道室蘭のNHKカメラに、こんなでかい輝きで写るっていうのは、バラバラになった破片でないんですよ。(ICBMは)いったん大気圏に出て、そしてまた大気圏に再突入して、そのときにこれが(弾頭が)全部燃えてしまわないで(落ちてきた)、(弾頭は)模擬弾ですから重さを同じくらいにしてある。つまり1トンを必ず越えているはず。それが灰にならないで、こうやって落ちてきているのが写ってるんですよ(マジックのキャップをもって下へ落ちていく仕草をする)。これは僕も初めて見ました。北朝鮮のミサイルに限らず。それでこれが燃えてないって事は、中の核爆弾が、核爆弾が入ってたらですよ、今回は入れてません。でも入れてたら、はるか上空で核爆発を起こしてくれるんじゃなくて、帯広なら帯広の、広島・長崎と同じように、至近距離かないしは着弾してから核爆発を起こすということですから、これは・・・、こりゃ大変なんですよ。遠くに飛びましたって事よりも、こっちのほうが大変なんです、本当は。したがって NHK が意識しているよりも、もっとあの映像は、各国の、つまり米軍を筆頭に、本当の衝撃を与えた! 

⭐️ 青山繁治氏は今日はうつむき加減で元気がなかった。それは北朝鮮との「核戦争」(人類始まって依頼の核兵器を装備している国同士の戦争)が現実に起こりうる段階に入ったからである。(まじぽニュース)

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/31(月) 青山繁晴、20分頃の解説より

人類が経験したことな核兵器を装備している国同士の戦争:「核戦争」

-青山繁晴
-, , ,

関連記事

トランプ大統領は米国の武器を買えと日本に脅してきた!(青山さん、裏取り済み)

要約・目次 ニュースタイトル: 北朝鮮核脅威へ連携対処 日英防衛省が会談 (青山繁晴氏の解説) 0:32 ≪≪ 米国製武器購入を政府は前からある契約だと非公式に言っているが実はそうではない ≫≫ トラ …

共同通信:国民にバレないことをいいことに意図的にニュースを改ざん! 安部首相の善意を悪意へ変更

要約・目次 ニュースタイトル 『 安倍首相 野党質問の時間削減提案へ 』 共同通信によりますと自民党は国会での野党の質問時間を削減し、与党の分を拡大するよう野党側に提案する方向で調整に入りました。自民 …

国の借金は 1100兆円ではなくて100兆円くらいだ!

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)経済まで狂った社会になっている。だいたい国の借金は1,100兆円ではないし、資産入れたら。いろんな計算あるけれども、高橋洋一さんなんかと同じ(結果)になって、約100兆 …

民進党は終わった! 次は「国民ファーストの会」

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)次は国民ファーストの会が必ず民進党の代わりに出てきます。とっくに次のステージに入っている。わたなべよしみさん、ながしまあきひささん、またはわかさ元弁護士・今代議士などが …

安倍首相のインド訪問は北朝鮮との貿易を STOP させるのが目的だった

(青山繁晴氏の『日印首脳、対北朝鮮決議履行の重要性で一致』のニュース解説、書き起こし) 北朝鮮が生き延びてきた大きな理由はこっそり商売が北朝鮮 得意なんです。その相手先の一つがこの大インドの。で~僕も …