新科学

バンダイが「ハロ」開発! AI 搭載の対話型ロボット

投稿日:

バンダイが「ハロ」開発!AI 搭載の対話型ロボット


 

この AI ロボットの特徴
– 最大の特徴はキャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところ
– データベースから最適な会話をハロの声で返してくれる
– 忘れられないシーンやセリフなど作品にまつわるさまざまな会話を楽しむことができる
– 会話 AI 開発に日本アイ・ビー・エムがハロ本体の機構・回路設計および生産にVAIOが協力
– 直径約 19cm, 価格未定、2018 年発売予定

このロボットは「CEATEC JAPAN 2017」に参考出展されたが「CEATEC JAPAN 2017」には他の企業から様々な AI ロボットが出店されて楽しい!

引用:ガンダムの「ハロ」、バンダイが開発。2018年発売、AI搭載の対話型コミュ二ケーションロボット

 

他のロボットをご覧になりたい方はこちらのまとめてあるページからご覧いただきたい。

話題のロボット多数レポート中「CEATEC JAPAN 2017」特集ロボスタ

AI ロボットがたくさん開発されて楽しい時代になってきそうです 😀 (まじぽニュース)

-新科学
-, , , , ,

関連記事

恐竜は隕石によって絶滅したわけではない !?

恐竜は絶滅したのは、隕石が落ちたときから500万年ずれている。私は恐竜が隕石で絶滅したとは思っていない。 [引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/14(金) 武田邦彦のコメントより &nbsp …

シャープが作った電気自動車

SHARPが自立走行監視ロボット「SV-S500」を10月幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2017にて発表した。 自動運転する無人の電気自動車で360°を常時撮影できるカメラを搭載、工 …

ソニーの AI 自動車は車内でプレイステーションを楽しめる?

ソニーがユニークな電気自動車を作っている。 なんと窓の代わりに4k ディスプレイをつけているのだ。 車内に49インチ 4K液晶モニターを1台、そして車外に55インチ 4K液晶モニターを4台搭載。 車内 …