高橋洋一

ビットコインのような仮想通貨は中国政府を破壊する

投稿日:2017年9月12日 更新日:

(高橋洋一氏の解説、書き起こし) 仮想通貨ってね、実は(中国の)中央政府のコントロール効かないんですよ。はっきりいうとでもね、コントロール効かないから不正な取引とかそういうのに使われやすいんだけど、中国でこれやるっていうのは面白くて、中国の政府が信用できないからこれやって、こういうことでやるとね、どんどん中国の資金を外に流したりするから中国政府が大変になって、これは共産党の一党独裁ってのと矛盾するので、それが維持できなくなるかもしれないって、私は楽しみに見てるのこれ。

百田:ビットコインが暴落する可能性ってあるんですか?

高橋:ありますよ。ビットコインなんていうのはあってないようなもんだから。確かにねいろんな種類のコインがあるんですけど、ビットコインは大丈夫かもしれませんけど、他のやつはかなりアウトになると思います。これで一攫千金を思っちゃダメで、こういうのを実は中国でやらせて中国政府の解体とか中国社会のね国際化っていうのに私は促進するように応援してるって感じです。

百田:これは極論ですけれど、もともと貨幣っちゅうのは架空通貨もたいのものですから、僕はこれを一万円の価値あると思うんだけど、昔は兌換紙幣なんで一万円は一万円分の金(きん)に変えてくれたんですよ。今不換紙幣なんでどこ持ってっても金に変えてくれませんよね。

高橋:はっきり言うと私 財務省にいたから知っているんだけど、1万円作るのに15円くらいだから、もともとの原価が(笑) 実は仮想通貨を日本でやってね、中国に攻勢かけたほうが面白いよ! 中国人って政府を信用してないしね、これやるとね(仮想通貨をやると?)、バラバラみんな(お金が)逃げていくよね。それが果たして中国共産党がどうなるか私は楽しみなんだけどね

一平ちゃん:人民元もそうですけど、中国経済のバブルがいつ崩壊するのかってずっと言われていますけれど。

高橋:こういうのに会うとあっという間に(仮想通貨の取引所を閉鎖して)スーっと逃げちゃうかも知れない。

百田:あと30秒やけど、中国バブルってきますか? バブル崩壊来ますか?

高橋:それでも押さえ込めば来ないですよ。だから中国政府が強いうちには来ないって、ただそれだけ。こういうので(仮想通貨取引所の閉鎖などで?)ガタガタになってきたら、どこかで破裂すると思いますね。

[引用] 【DHC】9/12()百田尚樹・高橋洋一【虎ノ門ニュース】 1時間58分50秒からの解説より(リンクは2週間後に切れます)



仮想通貨を中国でやると資金が外国へ逃げて中国政府が崩壊する可能性がある

-高橋洋一
-, ,

関連記事

前川が実行犯で天下りあっせんをしていた。懲戒免職で退職金なしのケースだった。それをもみ消したいがためにウソのメモ情報を流した。(高橋洋一氏)

(高橋洋一氏と百田尚樹氏による解説、書き起こし) 高橋:私は公務員やってて天下り法を作った人なの。それでね天下り法に本格的に引っかかったのは3回目なんだけど、私あの事件をすごく追ってたわけね。それで最 …

【高橋洋一】地上波の電波オークションをしてないのは日本だけ!

「菅官房長官 電波オークション導入に前向き」 産経新聞によりますと菅義偉官房長官は先月28日の記者会見で、政府の規制改革推進会議が安倍内閣の成長戦略の一つとして議論している電波オークション導入について …

世界ではテレビ電波をオークションして割り当てるのが当たり前

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:本来ね、電波法があるのがおかしい。いや本来は表現の自由やから何やってもいいんですよ。ところがね日本はそれやったら困るのは、東京キー局なんかね5つ …

核保有ではなく核シェアリング

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:実際のところね、日本が北朝鮮の核に対してどういうようなことをやるか、お花畑は「対話や対話や」って言うてます。一方ではね「いやいやとにかく軍事制圧 …

メディアは「北朝鮮には軍事圧力か, 話し合いか, のどちらかだ」というがそれは世界には通用しない

(先日の解説の続き、書き起こし) 百田:あとね、日本の左翼のコメンテーターとかあの新聞とかメディアがねバカやなぁと思うのは例えば北朝鮮に対する方策でね、例えば今言ったように5つも6つも選択肢がある、選 …