武田邦彦

著作権(2) – Copyright Reserved って書いても日本では意味がない。「この権利は著者に帰属します」と日本語で書かなくちゃダメ!

投稿日:2017年9月5日 更新日:

 (武田邦彦先生のご解説。著作権(1)からの続き。書き起こし → ) ところが今度の事件は誰かわかんない人が文句つけて来てるわけですが、日本人は真面目なので、著作権という権利があると思ってそっちが先に入っちゃうんです。人類本来の権利であるって方を先に自分の頭に入れなきゃいけない。(つまり「著作権は『人間の知恵の創造物』だから個人がそれをもつ権利はなく、人類に本来それを使用する権利がある」とおっしゃっているのではないかと思います [まじぽニュース]) それからそれを特別に制限してるって順序で入れたら正しく判断できるんですけどね。それから日本は曖昧だからアメリカの場合は「税金を払ってる人は政府が作ったものは自由に使える。」それは当たり前ですよね、自分が金払ってんだから。ところが日本の官庁だと官庁の文章に著作権があるって書いてある時がある。(半井さん:気象庁のレーダーの画面にコピーライトとか書いてますよ) 多分だから気象庁のレーダーっていうのは思想または感情に基づく創造物なんだ(爆)。多分人々を驚かせようと思ってちょっと低気圧のね、950というのを900に書き換えているから創造物。(半井さん:ちょっとあの気象庁の話しなかったらよかった・・・気象庁はお世話になってるからあんまり横から言われたくないんですよー) それからよくホームページなんかにねネットの一番下に Copyright Reservedって書いてある。「著作権は著者がもってます」って意味ですけどね、あれは全くなんの意味ももってません。まず第一、英語だから。英語で書いたものを日本の権利は主張できません。(半井さん:日本語で書かなきゃいけないの?) 当たり前ですよ。日本人に権利を、あれCopyright Reserved って書いてあったと英語で、俺わかんないからって別に引用したって構わないんすよ。わかんない、英語なんだから。じゃアラビア語で書いてあったらわかるのかってアラビア、英語に限るって、、、著作権に関係ない。だから、まず第一は英語で書かないでこの権利は著者に所属(帰属)しますと日本語で書いとかなきゃダメ、これが一つね。Copyright Reserved で書くと英語だからカッコイイってだけのことで

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/25(金) 武田邦彦・半井小絵、15分59秒からの解説より(リンクは2週間後に切れます)

-武田邦彦
-

関連記事

著作権(3) – 権利というのは自分で主張したら自分の権利になるわけではない

(武田邦彦先生のご解説。著作権(2)からの続き。書き起こし → ) それから2番目はね、権利ってのは自分で主張したら権利になるわけじゃないんですよ。このコップはねDHCかなんかの、それで私のですって私 …

日本の女性の地位や権限は男性より上だった

もともとは日本の女性の権限は男性よりずっと長い間上だった。たとえば平安時代だったら女性は何を書いてもよかった(清少納言や紫式部)。ところが男性は漢字しか書いちゃいけなかった。創造は書けない。男性側が制 …

GHQ のギルティープログラムをいまだにやり続ける NHK

(武田先生の解説、書き起こし)そういう我々の全体的な考え方を、思想統制してるのが NHK なんですよ。もちろんみなさん知ってるように、戦後 8,000 冊の本を焼いたわけですね。日本の本を進駐軍が全部 …

日本は2000年前から「国」という概念があった。ヨーロッパではせいぜい200年前からである。

日本だけが国という概念があったから豊臣と徳川が大阪で戦っても、そのあとイクサに負けてもそこの住人が奴隷として連れて行かれることはなかった。それは同じ「日本国」だから。普通は別の領土からきて勝利したらそ …

日本が前の戦争で(世界を)正せなかったこと

(昨日の武田先生の解説の続き、書き起こし) ところがその後(第二次世界大戦後)に残念ながら残ったことがあるんですよ。そりゃ日本の戦争だけで全部片付くってわけにはいかないからね。何が残ったかというと、そ …