武田邦彦

欧米列強の世界侵略をたった一国で排除した小さな極東の国、日本

投稿日:2017年8月15日 更新日:

(武田先生のご解説、書き起こし ➡ )日本は形式的に(第2次世界大戦で)負けたってことになってるけど、決して負けてないわけで日本のこの終戦記念日という言い方は非常に正しいんだけど、敗戦記念日と言わないのが正しいんだけど、戦争が終わったことによって、日本はイギリス、オランダ、そこらへんはコテンパンにやっつけて、その結果ですね、勝ったと思われるアメリカですら植民地のフィリピンを手放さなざるを得なかった。だから日本の戦争目的っていうのは形式的には、負けたように見えるけれど、これが特攻隊なんかの非常に大きな意味なんですけどね、世界的には非常に成功して、それまで何百年と呻吟(しんぎん;意味 = 苦しんでうめくこと)してた、アジアの人たちやアフリカの人たちが全部解放されたわけですよね。

 ⭐️ 「欧米列強のアジア侵略をたった一国で排除した小さな極東の国、日本」・・・みなさん、もっと日本人であることに誇りをもって下さい。そして英霊の皆様、誠に有難うございました。m(_ _)m (まじぽニュース)

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/11(金) 武田邦彦、49分頃の解説より



極東の小さな国、日本

-武田邦彦
-, , ,

関連記事

恐竜は隕石によって絶滅したわけではない !?

恐竜は絶滅したのは、隕石が落ちたときから500万年ずれている。私は恐竜が隕石で絶滅したとは思っていない。 [引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/14(金) 武田邦彦のコメントより &nbsp …

著作権 (1) – 著作権はもともと人間の知恵の創造物から生じているので個人がもつ権利とはならない

(武田邦彦先生のご解説、書き起こし) いま著作権のことについて多くの方が間違っておりますので、私がちょっと解説をしないといけないんですが、著作権ていうのは別の所有権こういったコップが誰のものかとかいう …

日本が前の戦争で(世界を)正せなかったこと

(昨日の武田先生の解説の続き、書き起こし) ところがその後(第二次世界大戦後)に残念ながら残ったことがあるんですよ。そりゃ日本の戦争だけで全部片付くってわけにはいかないからね。何が残ったかというと、そ …

日本は2000年前から「国」という概念があった。ヨーロッパではせいぜい200年前からである。

日本だけが国という概念があったから豊臣と徳川が大阪で戦っても、そのあとイクサに負けてもそこの住人が奴隷として連れて行かれることはなかった。それは同じ「日本国」だから。普通は別の領土からきて勝利したらそ …

著作権(2) – Copyright Reserved って書いても日本では意味がない。「この権利は著者に帰属します」と日本語で書かなくちゃダメ!

 (武田邦彦先生のご解説。著作権(1)からの続き。書き起こし → ) ところが今度の事件は誰かわかんない人が文句つけて来てるわけですが、日本人は真面目なので、著作権という権利があると思ってそっちが先に …