青山繁晴

トランプ大統領はパリ協定から離脱したが、米国の企業はパリ協定に従う !?

投稿日:2017年7月28日 更新日:

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)米国がパリ協定から離脱できるのはトランプ大統領の任期が終わる1日前なので、企業はみんな(トランプ大統領の意向を無視して)パリ協定に乗っかってビジネスをする。これはすごいですよ。内部からの崩壊ですよ。

これは日本の自立のよい機会です! 間違いなく。国会からまずその論議をすべきだ! 

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/24(月) 青山繁晴、1時間58分頃の解説より

⭐️ 企業はトランプ大統領に協力しないつもりなんだ。民主主義じゃないね。みんなで選挙して選ばれた大統領に、大企業が協力しなければ、国は動かない。(まじぽニュース)

 

みんなの決めたことに協力することが民主主義。協力しなければ物事は動かない。

-青山繁晴

関連記事

安倍首相が民意反映へ:与党の質問時間引き延ばしを検討

(ビデオは YouTube の7分32秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。) 7:32 質問時間を見直すというのは「初めて民意にいくらかでも …

【青山繁晴】北朝鮮問題の最悪のケース

青山繁晴氏の解説の要約・目次 0:28 –  トランプ大統領は拉致被害者の家族と会ったあとで「これは重大なヒントだ」と「北朝鮮が拉致被害者を返せば対話のきっかけになる」とおっしゃった。 & …

【青山繁晴】立憲民主党 枝野氏は革マル派から政治献金を受けていた → 革マル派とは西洋そのもの(共産主義)である

立憲民主党 枝野氏は革マル派から政治献金を受けていた → 革マル派とは西洋そのもの(共産主義)である【青山氏解説】虎ノ門ニュース 1月8日放送 31分2秒から  https://t.co/yBF3FF …

あの日をもって日本のメディアは自壊した・・・

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)加戸元知事の答弁は次の日のメディアに一切取り上げられなかった。ここまでひどいとは思っていなかった。なかったことになっていた。すごいでしょー! 朝日新聞の朝刊の詳報ね、一 …

共同通信発行部数が実は全国で1900万以上 !!

0:19 上島:地方紙の社説は共同通信が書いている 百田:地方の人は地元の新聞社が社説を書いていると思っている。 岡本プロドューサー:地方紙はなんで社説を書かないの? 百田:書ける人がいないから。地元 …