青山繁晴

北朝鮮の ICBM が米軍に与えた本当の衝撃

投稿日:2017年7月31日 更新日:

衝撃の理由 ➡ 弾頭が灰にならないでそのまま(バラバラにならないで)地上に落ちてきたからだ!

虎ノ門ニュース(青山繁晴氏の解説、書き起こし)によると・・・

北海道室蘭のNHKカメラに、こんなでかい輝きで写るっていうのは、バラバラになった破片でないんですよ。(ICBMは)いったん大気圏に出て、そしてまた大気圏に再突入して、そのときにこれが(弾頭が)全部燃えてしまわないで(落ちてきた)、(弾頭は)模擬弾ですから重さを同じくらいにしてある。つまり1トンを必ず越えているはず。それが灰にならないで、こうやって落ちてきているのが写ってるんですよ(マジックのキャップをもって下へ落ちていく仕草をする)。これは僕も初めて見ました。北朝鮮のミサイルに限らず。それでこれが燃えてないって事は、中の核爆弾が、核爆弾が入ってたらですよ、今回は入れてません。でも入れてたら、はるか上空で核爆発を起こしてくれるんじゃなくて、帯広なら帯広の、広島・長崎と同じように、至近距離かないしは着弾してから核爆発を起こすということですから、これは・・・、こりゃ大変なんですよ。遠くに飛びましたって事よりも、こっちのほうが大変なんです、本当は。したがって NHK が意識しているよりも、もっとあの映像は、各国の、つまり米軍を筆頭に、本当の衝撃を与えた! 

⭐️ 青山繁治氏は今日はうつむき加減で元気がなかった。それは北朝鮮との「核戦争」(人類始まって依頼の核兵器を装備している国同士の戦争)が現実に起こりうる段階に入ったからである。(まじぽニュース)

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/31(月) 青山繁晴、20分頃の解説より

人類が経験したことな核兵器を装備している国同士の戦争:「核戦争」

-青山繁晴
-, , ,

関連記事

【青山繁晴】北朝鮮問題の最悪のケース

青山繁晴氏の解説の要約・目次 0:28 –  トランプ大統領は拉致被害者の家族と会ったあとで「これは重大なヒントだ」と「北朝鮮が拉致被害者を返せば対話のきっかけになる」とおっしゃった。 & …

就職内定率が上がった? 実は人手不足なだけじゃないのか!

要約・目次 0:49 なぜ就職内定率が上がっているのに賃金があがらないのは話が矛盾している! またこの記事は頭がパラダイスですよね。 こういう記事をデスクは通すな! まともなデスクだったら、『おまえこ …

no image

北朝鮮のオンボロ船に8人も載っている理由

なぜ北朝鮮は小さい船に8人以上も乗って日本に漂着するのか? → 青山さんが答えてくれました! pic.twitter.com/KcjXYvHMQP — 真実の情報まとめ (@Shinjitsunojo …

【青山繁晴】立憲民主党 枝野氏は革マル派から政治献金を受けていた → 革マル派とは西洋そのもの(共産主義)である

立憲民主党 枝野氏は革マル派から政治献金を受けていた → 革マル派とは西洋そのもの(共産主義)である【青山氏解説】虎ノ門ニュース 1月8日放送 31分2秒から  https://t.co/yBF3FF …

東京ミサイル攻撃に対しての備えに関して安部首相が初めて国会で言及

阿倍首相の答弁: 「ミサイル攻撃などの際の暴風からの直接の被害を軽減するため堅牢な建築物や、地下街、地下駅舎などの地下施設への避難は有効と認識しております。」 青山繁晴さんの虎ノ門ニュースの中でのコメ …