青山繁晴

北朝鮮の ICBM が米軍に与えた本当の衝撃

投稿日:2017年7月31日 更新日:

衝撃の理由 ➡ 弾頭が灰にならないでそのまま(バラバラにならないで)地上に落ちてきたからだ!

虎ノ門ニュース(青山繁晴氏の解説、書き起こし)によると・・・

北海道室蘭のNHKカメラに、こんなでかい輝きで写るっていうのは、バラバラになった破片でないんですよ。(ICBMは)いったん大気圏に出て、そしてまた大気圏に再突入して、そのときにこれが(弾頭が)全部燃えてしまわないで(落ちてきた)、(弾頭は)模擬弾ですから重さを同じくらいにしてある。つまり1トンを必ず越えているはず。それが灰にならないで、こうやって落ちてきているのが写ってるんですよ(マジックのキャップをもって下へ落ちていく仕草をする)。これは僕も初めて見ました。北朝鮮のミサイルに限らず。それでこれが燃えてないって事は、中の核爆弾が、核爆弾が入ってたらですよ、今回は入れてません。でも入れてたら、はるか上空で核爆発を起こしてくれるんじゃなくて、帯広なら帯広の、広島・長崎と同じように、至近距離かないしは着弾してから核爆発を起こすということですから、これは・・・、こりゃ大変なんですよ。遠くに飛びましたって事よりも、こっちのほうが大変なんです、本当は。したがって NHK が意識しているよりも、もっとあの映像は、各国の、つまり米軍を筆頭に、本当の衝撃を与えた! 

⭐️ 青山繁治氏は今日はうつむき加減で元気がなかった。それは北朝鮮との「核戦争」(人類始まって依頼の核兵器を装備している国同士の戦争)が現実に起こりうる段階に入ったからである。(まじぽニュース)

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/31(月) 青山繁晴、20分頃の解説より

人類が経験したことな核兵器を装備している国同士の戦争:「核戦争」

-青山繁晴
-, , ,

関連記事

青山繁晴氏が森友・加計問題を徹底的に論破! マスコミ完全無視!

【青山繁晴】安倍首相と安倍昭恵夫人は全くのえん罪だった!  財務省が森友学園の理事長に開校が迫っているとかゴミが出てきたなどと言ってどんどん追い詰められたことを財務省の理財局長が認めた → これも報道 …

安倍首相のインド訪問は北朝鮮との貿易を STOP させるのが目的だった

(青山繁晴氏の『日印首脳、対北朝鮮決議履行の重要性で一致』のニュース解説、書き起こし) 北朝鮮が生き延びてきた大きな理由はこっそり商売が北朝鮮 得意なんです。その相手先の一つがこの大インドの。で~僕も …

no image

北朝鮮のオンボロ船に8人も載っている理由

なぜ北朝鮮は小さい船に8人以上も乗って日本に漂着するのか? → 青山さんが答えてくれました! pic.twitter.com/KcjXYvHMQP — 真実の情報まとめ (@Shinjitsunojo …

一平ちゃん、共同通信の無礼な記事をニュース読み上げ中に正す! 青山さんが気づき一平ちゃんにお褒めのお言葉 👏

一平ちゃん、共同通信の無礼な記事をニュース読み上げ中に正す! 青山さんが気づき一平ちゃんにお褒めのお言葉 😀 👏 pic.twitter.com/MS2iNISSoC …

立憲民主党の枝野幸男さんは北朝鮮を批判をしたことがない

0:09 新潟の知事だったときの泉田さんのお話で僕はすごく印象に残ったことがある。それは「実は日本に国境がいくつもあるんです」と。「ある意味 東京はアメリカとの国境だ。それから福岡は中国との国境だと。 …