青山繁晴

共同通信 悪意に満ちた誤報!『安倍首相イヴァンカ氏基金へ57億円』

投稿日:

 

『安倍首相 イヴァンカ氏基金へ57億円』

ニュースタイトルがすでに誤報! イヴァンカ氏基金などない! 共同通信が勝手につけた。これはイヴァンカ氏基金じゃなくて世界銀行の支援システムで7月のG20の時に各国が分担して負担することも決まっている!

問題の共同通信のニュース(一平ちゃんが読み上げた全文を書き起こしました ↓)


共同通信によりますと、安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領長女イヴァンカ大統領補佐官が設立に関わった新たに事業を起こす女性を支援する基金に5千万ドルを拠出すると表明しました。これは安倍総理が3日海外の女性指導者らを東京に招いて女性に関する政策を議論する国際シンポジウムの関連行事に出席し明らかにしたものです。安倍総理はあいさつで「日本は世界で女性の活躍の旗を高く掲げ、強い指導力を発揮していく決意だ」と強調しました。また日本を訪れていたイヴァンカ大統領補佐官も公演し女性の完全な労働参加は社会を強くし繁栄を確実なものにする」と指摘しました。

青山氏:これは久々のなんちゃってニュース。全く不埒(ふらち)な嘘ニュース。総理がこの会議で明らかにしたって事実は全くなくて7月に日本の外務省も世界の主要国の外交当局も発表してます。だいたいイヴァンカ基金でもなんでもないです。共同通信が責任をもってつけた見出しだが、これ誤報です。イヴァンカ基金じゃない。WAW(World Assembly for Women) 女性のための国際会議を支援する超党派の議連もあって男性議員の参加は少ないが、僕はそこに入ってます。だから内部もよく知ってるが超党派の議連の会長は橋本聖子さん(自民党参議員)、幹事長が小渕優子さんで事務局長が同期の一年生の松川類さんと女性が頑張ってやってるわけですけど、それをサポートすべきと僕は関わっています。この基金はイヴァンカ基金じゃなく世界銀行の中に設けられ、女性が起業したり、中小から零細企業を世の中に役立つ形で経営した時に経営基盤を安定するように世銀のシステムを使って支援していこうというのが7月の(ドイツのG20が開かれた頃)に決まったことで、各国が分担して負担するのもそこで決まってる。今回イヴァンカさんがトランプ大統領の前においでになってイヴァンカさんが背が高い素晴らしい綺麗な方であることもあって逆にただの大統領の娘なのに大統領補佐官なんかしちゃってけしからんって話がものすごく広められているから、そこに57億円も総理が出すっていうのはトランプさんにおべっか使ってるだけだっていうための材料に使われてるけど、実際は世銀に仕組みを作る時にイヴァンカさんもサインを示して大統領補佐官ですから関わってますけど、世界銀行がはっきり公表していることは、資金を集めることや運営にイヴァンカさんは関与しないと発表している!その当時から。

一平ちゃん:全然違う・・・

青山:むちゃくちゃなんです。

一平ちゃん:全然違うニュースじゃないですか。(一平ちゃんが頭を抱える)

青山:まるで総理がイヴァンカさんのポケットにあげたっていう話になってるじゃない。これは総理がよくいう印象操作ってレベルを超えてますよ。これほど悪意に満ちた誤報はない!

 

引用:Youtube – 【DHC】11/6月 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】, 53分45秒からの解説

-青山繁晴
-, , , , , , ,

関連記事

中国・習近平が急に安部首相にニコニコしてきた理由

要約・目次 『 日中「関係改善推進」一致 習氏の早期来日要請 』 共同通信によりますと安倍総理大臣は11日中国の習近平国家主席と訪問先のベトナムで会談し、日中関係の改善を推進することで一致しました。会 …

安倍さん側に有利になることは絶対に報道しない共同通信

  2分7秒 安倍さんに有利になることは絶対に言わない共同通信 5分31秒 一番 有権者の胸に届かない言葉をわざとプロとして選んで記事にしている。これは消費増税は条件次第だと、そうしたらみんな飛びつく …

【青山 繁晴 解説】枝野氏の発言の意味「多くの国民が望む憲法改正であれば立憲民主党として積極的に対応する」→これは「政権がほしい」と言う意味である

【青山 繁晴 解説】枝野氏の発言の意味「多くの国民が望む憲法改正であれば立憲民主党として積極的に対応する」→これは「政権がほしい」と言う意味(『憲法「理解しているのか」枝野氏が首相批判』のニュースの中 …

東京ミサイル攻撃に対しての備えに関して安部首相が初めて国会で言及

阿倍首相の答弁: 「ミサイル攻撃などの際の暴風からの直接の被害を軽減するため堅牢な建築物や、地下街、地下駅舎などの地下施設への避難は有効と認識しております。」 青山繁晴さんの虎ノ門ニュースの中でのコメ …

トランプ大統領はパリ協定から離脱したが、米国の企業はパリ協定に従う !?

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)米国がパリ協定から離脱できるのはトランプ大統領の任期が終わる1日前なので、企業はみんな(トランプ大統領の意向を無視して)パリ協定に乗っかってビジネスをする。これはすごい …