青山繁晴

GHQの仕組んだ日本の左翼化が今でも深く根ざしている

投稿日:2017年10月22日 更新日:



要約・目次

1:22 ≪≪ 毎日新聞が左(反日本的)になった理由 ≫≫
・共同通信が存続するために毎日新聞を飲み込んだ。毎日新聞はいま極左と見間違うほどの紙面を書く。まるで社会主義政党の機関誌みたいになっている。じゃあ、なぜ毎日新聞が左に傾いたかというと「右に傾くと売れないから」。右に傾くと、票も取れない、お金も入ってこない。ところが左に傾くと、絶対の販売できる層がいる。
・なので産経新聞は(右よりなので)経営がなかなか安定しない。
・これはまさしくGHQの残した遺産でもある。

2:07 ≪≪ GHQのやったこと ≫≫
(1) 少子高齢化:日本の力が上がってきたのは人口が着実に増えてきたことだから下げるために産児制限は良いことだとした。その成果が今 出てきている。
(2) (武装解除を目的とした平和)憲法を作製
(3) 共産党の合法化:GHQは日本は右だと思ってたから左に寄せるために・・・
(4) 国を愛するというふつうの感覚をたたきつぶそうとした – 左に行きすぎたので、また真ん中に戻そうとしたけどその頃には占領期間は終了した
(5) そのあとは軍事的に日本を活用した アメリカは領土的野心はなかったので救われた。アメリカが日本に領土的野心があったらアメリカの1つの州になっていた。  1952年4月28日に主権を回復しているので、GHQのせいに全てしちゃいけないけれども・・・

3:16 ≪≪ GHQ のやったこと <自虐史観の植えつけ>≫≫
(6) 日本はだめ
(7) 日本は悪い
(8) 国を愛することはいけないこと  これらは間違いなく GHQ の政策そのもの!
・国連加盟国 193ヵ国、世界中の240の国で「国を愛することは悪いことだ」という国家(または社会)はこの僕たちの祖国だけだ。それはもう恐るべき現実である。

3:55 ≪≪ 間違った教育を素直に学んだ日本人が優等生→官僚や組織のトップになる ≫≫
・間違った知識: 「沖縄戦で沖縄を守るために戦ったのではなくて、沖縄を見捨てるために戦った」→ 意味が分かりません。沖縄を見捨てるなら、なぜ沖縄に若い人が集結して戦ったんですか? そうでしょう? そんなの子供の普通の頭で考えたら分かることが、それが勉強になっている。なぜかっていうと、受験勉強もそっち系の模範解答ばかりなのです。だからその受験勉強の勝者で東京大学に入って国家公務員試験もまたそういう左に傾いた問題と模範解答になっている。
・司法試験もそうです。法解釈そのものも。

4:43 ≪≪ 左翼化した官僚・政治家 ≫≫
・(みのもんたさんのよるバズという番組で)総務省出身の小西さんは「政党交付金の制度を作ったのは自分たち少数の官僚だ」と強調されてましたが、それは国際水準でいうとあの方のおっしゃっているのは明らかに「左翼」です。それが総務省にいて、どのように国民のお金を使うかという制度を正当に作るんですよ。
・前川さんも安保法制の反対のデモに来てたわけですから。それが事務次官ですよ。
小西さんも、総務省から国会議員になっている。
➡️ だからこれが「日本の病」なんです。
・「日本を否定する」「祖国を否定する人たち」が歩いて数分のそこの官庁街に財務省も含めて、外務省も含めて、総務省も、防衛省も含めて、警察庁も含めているのです。
・防衛省も警察庁も最近は非常に少なくなっているけれども、ゼロとはいえない。それはどういうことかというと、受験勉強の中身そのものがそうだからです。
・話しをもとに戻すと、そこにターゲットをしぼる(日本を否定すること)と、絶対に確実に一定の「社会的地位」と「収入」と「売り上げ」が得られるのです。支持も得られるわけです。
・毎日新聞はつぶれかけて、新聞を印刷する設備が重荷になって経営破綻しそうになったのを創価学会が救いの手を差し伸べて、学会の機関誌などを印刷した。実は読売新聞も朝日新聞も一部そうなんです。毎日新聞はもともと左ですか? イヤ違いますよ。それがなぜ左傾化したかというと、(左傾化すると)一定の販売量は確保でる。これが日本のメディアの根っ子の問題なんです。
・新聞を買わなければ終わりなんですよ。全部ビジネスだから。共同通信も。

7:46 ≪≪ 共同通信はダントツの1900万部で日本左傾化の中心情報発信基地 ≫≫
・地方紙は全部共同通信の加盟紙です。共同通信に加盟してない地方紙はない。
・共同通信は全国合わせて 1900万部くらいある。読売の倍、朝日の3倍くらい発行部数がある。
・地方紙の社説も配信している
・コアな左のところを当て込んで、毎日新聞が左傾化して、共同通信は毎日新聞を加盟誌に飲み込んだから、共同通信の原稿は左傾化した。
・右寄りの北國新聞には社説を配信している。
・青山さんは共同通信にいたから手の内はわかっている。
・それが政党にも表れてて、だから枝野新党が15から30以上になるかも知れない(→当たり;54人になった)。
・その代わり共産党は下がって21を割る(→これも当たり;12人になった)

10:37 ≪≪ どうしてメディアはいつも日本をおとしめるような報道をするのか? ≫≫
・メディアも競争率が激しくて、日本の教育で左傾化した優秀な人材が入って来るから。
・青山さんは共同通信を受けたときは400倍の倍率でたまたま受かった。
・普通はちゃんと勉強した人がメディアに入ってきて、国家公務員と同じような発想になる。
・今回 枝野新党が共産党の票をくって伸びそうだということでみんなによく分かったんですよ。だからブラックジョークに見えるけれども、枝野さんの動きは保身だけですよね。だって小池さんのところへ行こうとしてたんだから。
・小池さんにぶら下がる側は、ほとんど誰も小池さんが師範指名なんか受けるわけないと思っている。だから選挙の時だけ使って、この間の都議選でブームを起こしたからって「だけ」なんです。
・石破さんだったと思うけど、しきりに都議選で起きたことは国政で起きると言った。石破さんはしっかりとした安全保障の専門家なんだからそういうことを安直に言っちゃダメですよ。

引用YouTube – 日本の病:日本はなぜ左(反日本的)になったか? 毎日新聞が極左になった理由by 真実の情報まとめ

引用元 DHC10/16 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】、午前819分からの解説 – Youtube (2週間後にこの動画は削除されます)

-青山繁晴

関連記事

習近平『日本が今の憲法を維持すれば中国は日本を我がものにできる』中国軍の内部文書より

  尖閣で「軍事行動」習氏明言 内部文書で判明 共同通信によりますと中国の習近平 国家主席が沖縄県の尖閣諸島について、中国の権益を守る軍事行動を推進するよう明言していたことがわかりました。尖 …

マティス国防長官「仮にアメリカが攻撃するとしても韓国に被害を出さない」と明言

(青山繁晴氏の解説)2:52 マティス国防長官、彼は本当に戦争に慎重な人です。まともな神経の人。彼の最近の発言では「仮にアメリカが攻撃するとしても韓国に被害を出さない」と、日本はもちろん言うに及ばずと …

フランスは北朝鮮を裏から援助しようとしているのがトランプにバレた

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)アメリカの諜報活動によると、中国はもちろん一番大規模に北を支えて来たけども、ちゃっかり商売してるのはフランスだと。で北朝鮮が制裁受けてこうなればなるほど(このときの青山 …

北朝鮮の ICBM が米軍に与えた本当の衝撃

衝撃の理由 ➡ 弾頭が灰にならないでそのまま(バラバラにならないで)地上に落ちてきたからだ! 虎ノ門ニュース(青山繁晴氏の解説、書き起こし)によると・・・ 北海道室蘭のNHKカメラに、こんなでかい輝き …

トランプ大統領は米国の武器を買えと日本に脅してきた!(青山さん、裏取り済み)

要約・目次 ニュースタイトル: 北朝鮮核脅威へ連携対処 日英防衛省が会談 (青山繁晴氏の解説) 0:32 ≪≪ 米国製武器購入を政府は前からある契約だと非公式に言っているが実はそうではない ≫≫ トラ …