青山繁晴

北朝鮮の新型 ICBM 情報を小野寺防衛大臣が国会で報告! マスコミ無視! 青山議員 激おこ!

投稿日:2017年12月7日 更新日:


要約

質疑:青山繁晴米軍の臨戦態勢を北朝鮮が知っていると考えられるがこの現状をどう考えるか?

小野寺五典 防衛大臣 の答弁:

 せっかくですので最新の昨日のミサイルの報告をした上でご質問にお答えします。

4000 km を大きく越える高度に達しているので、ICBM 級の弾道ミサイルであったと考えられる。

– 北朝鮮が新型「火星15号型」であると発表。

   (北朝鮮の報道:全米を射程に収める核弾頭弾を搭載可能な新型の大陸間弾道ロケット「火星15号型の試験発射に成功し、国家核武力の完成の歴史的大業を達成した → 実際は新型 ICBM は大気圏突入能力をまだもっていないので完成したとはいえない。)

– 北朝鮮の発表したビデオでこれまでに見られたことのない9軸の双輪型の移動式の装置に搭載された様子が確認できる。

弾頭の先端の形状が丸みを帯びた先端。 

– などを踏まえてこのミサイルは今年7月に2度発射された ICBM 級の弾道ミサイル(火星14号型)とは異なる新型の ICBM 級の弾道ミサイルであったと考えられます。

– 北朝鮮が公開した画像によればミサイルは推進力が2段についている2段式のロケット

液体燃料推進方式の特徴である直線上の炎などが確認できる。

– 様々な事態が発生した場合、防衛省・自衛隊はしっかりとした対応を取りますが、当然同盟国である米軍と共に様々な対応を取ることもあると思います。その際の指揮になるのがハワイの太平洋司令部(PACOM)ペイコムと呼びますが、その司令官ハリー・ハリスさんも先日 防衛省に私のところへ参りましたし、またその前には在韓米軍司令、これは半島有事が起きたときに韓国軍を含めて国連軍の指揮を執るトップでありますがその方ともお話をしました。

 

引用:YouTube マスコミに無視された小野寺防衛大臣の北朝鮮新型 ICBM の情報【参議院予算委員会】2017年11月30日by 真実の情報まとめ

-青山繁晴
-, , , , , , , , , , , ,

関連記事

安倍首相が民意反映へ:与党の質問時間引き延ばしを検討

(ビデオは YouTube の7分32秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。) 7:32 質問時間を見直すというのは「初めて民意にいくらかでも …

スェーデンと比べてみても日本の社会保障は水準が高い!

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)世界の水準から見たらこれほどの社会保障を維持しているところはない。こんなに人口が多くてね。スェーデンが800万人、デンマークは500万人しか人がいませんから。それと1億 …

no image

日本の報道機関は旧ソ連や今の中国の報道機関よりも劣ることが判明

  日本の報道機関は旧ソ連や今の中国の報道機関よりも劣ることが判明 😔 https://t.co/MtbC5MlvDX — 真実の情報まとめ (@Shinjitsunojoh …

青山氏の第9条新提案を2分20秒の動画にまとめてみた

元の動画が削除されてしまったのでリンクが切れてしまいました。 動画を編集して2分20秒にまとめましたのでアップさせていただきます。 pic.twitter.com/XhaZCb4uMM — 真実の情報 …

北朝鮮 – 電磁パルス攻撃は今すぐ実行可能 → 米国は今週にも一斉攻撃か

[ 青山繁晴参議院議員のご解説、要点 ] – 電磁パルスの攻撃は低い高度から実行可能(上空 500 km くらいで爆発) – 電磁パルスとは熱核爆弾のことで上空で爆発させるだけ …