青山繁晴

「リベラル」とは? – マスコミが間違ってこの言葉を使うので本当の意味を解説

投稿日:2017年10月3日 更新日:

青山繁晴氏の解説、書き起こし)ニュースに入る前に申し訳ないけど、もう一つどうしても言いにくいのがメディアはその民進党の「左巻き」、はっきり言うと「左翼」の、もう1回言いますね、「左翼」の、これ国際社会から見ても完璧に「左翼」ですね。いわばその国の、別に日本に限らず、その国の伝統とかを否定し、それで未だにマルクス・レーニン主義の幻影にしがみつくってか引きずってるて言うのかね。だから客観的に言って左翼の方々、これを今日本のメディアはもう日にち毎日「リベラル」って言ってるわけですね。全然「リベラル」じゃないですよ。産経新聞まで今朝の朝刊でも「リベラル」「リベラル」って書いてましたが。僕は前からいろんな本にも書きましたし、ずっと主張してますけど「リベラル」っていうのはもともといわばカタカナっていうかね、英語とか本来はフランス語だったりするわけですけど、フランス革命から始まって、国民や家族や愛する人を守るためには自ら銃を取って戦う。でイコール弱者を忘れないというのをリベラルって言うのであって、従ってアメリカの「リベラル」って言うのは民主党ですけれども民主党が基本的には戦争を行なってきたんです。ベトナム戦争も民主党、終わらしたのが共和党のニクソン大統領。まあ湾岸戦争以降は事情が違うけれどもしかし伝統的に保守と言われる共和党はどっちかと言うと内側に閉じこもってリベラルの民主党の方は外に向かって報われないあるいはロック化?された人々を救うと。その救うってのは鐘や太鼓を鳴らして救うんじゃなくて、それから安全保障の法律は作っちゃいけない、それ作ったら戦争法だって言うんじゃなくて、むしろ武力を用いてでも人の命や人権を不当に侵すものに対しては戦うって言うのがリベラリズムであって全く敗戦の日本で言ってるリベラルとは似ても似つかないのですよ。

DHC102() 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】(午前9時4分頃からの青山繁晴氏の解説(リンクのYouTube ビデオは2週間後に削除されます)



『民衆を導く自由の女神』は、ウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた絵画。1830年に起きたフランス7月革命を主題としている。(ウィキペディア)

-青山繁晴
-, ,

関連記事

史上最悪のロヒンギャ難民キャンプ

[青山繁晴氏の解説、書き起こし] 人権擁護者のはずのアンサン・スーチー女史によって軍隊が出てきて難民になっている。仕事柄 難民キャンプをずいぶん見てきたが、今 国会議員になってしまってなかなか行けない …

no image

GHQの仕組んだ日本の左翼化が今でも深く根ざしている

要約・目次 1:22 ≪≪ 毎日新聞が左(反日本的)になった理由 ≫≫ ・共同通信が存続するために毎日新聞を飲み込んだ。毎日新聞はいま極左と見間違うほどの紙面を書く。まるで社会主義政党の機関誌みたいに …

スェーデンと比べてみても日本の社会保障は水準が高い!

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)世界の水準から見たらこれほどの社会保障を維持しているところはない。こんなに人口が多くてね。スェーデンが800万人、デンマークは500万人しか人がいませんから。それと1億 …

「トランプはメチャ、いいやつだった」とマクロン大統領 

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)フランスのマクロン大統領は、トランプ大統領と一番(性格上)合わないタイプであったが、実際に会って会談した後は「トランプってメチャいいやつだった」と(この情報は実際に青山 …

no image

【青山さん激おこ-3】共産党の小池議員にゲキオコ2連発!

青山繁晴さんが国会答弁の後、共産党の小池議員に激しく怒っています(ゲキオコ2連発)!   【青山繁晴】共産党の小池さんがなにをおっしゃっても自由ですが「国益のためじゃなかったら何のためにやっ …