青山繁晴

エジプトのモスク攻撃の目的:分断を作って既成の国家の乗っ取りをはかる

投稿日:2017年11月27日 更新日:


ニュースタイトル:イスラム教徒に標的拡大か エジプトのモスク攻撃
共同通信によりますと、エジプト北東部シナイ半島で24日、イスラム教のモスク礼拝所が襲われ235人が死亡したテロで、エジプト治安当局は過激派組織の自称イスラム国などがテロの標的をイスラム教徒にも拡大し始めたと見ています。エジプトではシナイ半島を中心に治安当局やキリスト教徒を狙ったテロが主流でした。エジプト治安当局によりますと、自称イスラム国などはイスラム教スンニ派の神秘主義を異端と見ていてこの神秘主義の信徒らを狙った可能性があります。

 

 ( 青山繁晴氏の解説より )

ものすごい死者の数で、記事では235人となってるが300人超えている。どこまで増えるかまだわからない。日本でいえば東本願寺に朝たくさんの門徒がいてそこに軍隊がやってきて軍用の武器でのべつまくなしに全部殺したみたいな感じ。トイレに隠れた人まで追っかけられて殺害したそうです。

異端は異教より憎しと表には出ているが実際はそれを超えてエジプトの中を分断したい。分断を作って既成の国家の乗っ取りを図る最初なんです。だから軍隊組織を生かして、シナイ半島にいる組織が中心だが、軍隊が民衆に襲いかかるということをいきなりやったんで新しい動きとしては非常に問題。

 

引用:【DHC】11/27(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】 1時間56分58秒からの解説by DHCテレビ(DHCテレビによる YouTube での配信は二週間のみです)

-青山繁晴

関連記事

トランプ大統領はパリ協定から離脱したが、米国の企業はパリ協定に従う !?

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)米国がパリ協定から離脱できるのはトランプ大統領の任期が終わる1日前なので、企業はみんな(トランプ大統領の意向を無視して)パリ協定に乗っかってビジネスをする。これはすごい …

「リベラル」とは? – マスコミが間違ってこの言葉を使うので本当の意味を解説

(青山繁晴氏の解説、書き起こし)ニュースに入る前に申し訳ないけど、もう一つどうしても言いにくいのがメディアはその民進党の「左巻き」、はっきり言うと「左翼」の、もう1回言いますね、「左翼」の、これ国際社 …

no image

国が森友学園に1円も払っていないことが明らかになった国会質疑(動画あり)【参議院 予算委員会】2017年11月30日

財務省 太田充 理財局長の答弁「国から森友学園側に実際の支払いは全くございません!」   引用:YouTube 『国は森友学園に1円も払ってなかった!【青山繁晴議員が国会質疑で引き出した秀悦 …

【青山繁晴】北朝鮮問題の最悪のケース

青山繁晴氏の解説の要約・目次 0:28 –  トランプ大統領は拉致被害者の家族と会ったあとで「これは重大なヒントだ」と「北朝鮮が拉致被害者を返せば対話のきっかけになる」とおっしゃった。 & …

no image

青山氏が国会で質疑中にマスコミは記者席に来ない

マスコミは青山繁晴氏が質問するときは国会の記者席に来ない! 日本国憲法を変えようとする人たちは右翼だから取材しないんだって / オールメディアを許しちゃダメ! メディアはみんなが見放せば成り立たない! …