藤井厳喜

とりあえずトマホークを1000発装備すれば、北朝鮮に対する核の抑止力になる!

投稿日:2017年8月8日 更新日:

(井上さんがミサイルの迎撃強化の重要性をうったえた後で)藤井:ミサイル・ディフェンスは大事なの。(でも)ものすごいお金がかかるの。100発100中じゃないの。だからやっぱり相手の国をやっつける報復力。これをつねに持っていかないと。アメリカは両方あるわけですよ(ミサイル・ディフェンス力と報復力の両方)。それでもって ballistic missile defense (弾道ミサイル防御)もやる。我々は技術的に敵の国よりも2歩も3歩も技術的に先をいってなきゃいけない。そりょもう、ロシアも含めてね。同時に今すぐにね、やられたらやり返すという力を持ってないと、僕は日本はダメだと思うんで、それは例えば北村淳さんていう評論家の方がいってますけれども、取りあえずさ、1000発さ、クルーズミサイル、アメリカから買おうよ。トマホーク! これはね、1機ね、ミサイルは1機で数えるんだけど、1機1億円なんですよ。そんなに高くないんですよ。そうすればこれ、核弾頭じゃなくて通常弾頭でもね、日本中に1,000発あれば全部つぶされること、絶対にないから万が一、向こうが打ってきたら、即 日本は報復できるよと。そうしたらとりあえず我々は安心できんじゃないの。長期的なことは我々は考えなきゃいけないがね。1,000発1,000億円ですよ。防衛予算としては、そんなに大きな値段じゃないです。今の枠組みをつぶしてね、前向きに考えないといけないという事です!

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、1時間34分頃の解説より

 

ミサイルで核抑止

-藤井厳喜
-, ,

関連記事

政治家が謝るとき遺憾と言うが「遺憾」という言葉に謝罪の意味はない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)よく政治家が遺憾という言葉を使うんですね。「遺憾はイカン!」というのが私の意見で、遺憾という言葉を広辞苑でひくと、岩波書店で嫌いなんですけれども、いちおう日本で権威ある …

台湾特集 (3/5) – 中国は鄧小平時代に台湾を認めたことを忘れている

(井上和彦氏の解説、書き起こし):アメリカがずっと忘れていたことの1つに、いま藤井さんのほうからでた台湾関係法というのはね、やっぱりアメリカも日本と同じように中華人民共和国と国交を結んで、台湾、当時の …

トランプ大統領の支持率ぜんぜん落ちてません

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)支持率ぜんぜん落ちてません。最近ですね、トランプ政権になってから、日本でいう衆議院の補欠選挙みたいの4つあったわけ。欠員ができたところで下院の選挙が4つあったわけ、共和 …

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけ …

尖閣の防衛の仕方

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)20年前に石原慎太郎 元東京都知事が「国の灯台を(尖閣に)ちゃんと作れよ」と、それから石垣市議会の仲間均(なかまひとし)なんて僕の友人だけど、ずっと尖閣のパイオニアだけ …