藤井厳喜

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

投稿日:2017年8月3日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけど、それを整理しながらやる。しかも実はまだ政権の下のほうは、行政職でオバマ政権の残留組がまだまだイッパイいるわけです。この人たちがリークをやるわけです。それで非常に政権が不安定にみえますが、ようやく長官レベルがビシッと固まった。そしてホワイトハウスもいよいよ、ちゃんとした人事が出来るようになってきた。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、46分頃の解説より

Renno_new / Pixabay

-藤井厳喜

関連記事

新ロシア疑惑: (1) ヒラリーは国務長官時代に国策会社をロシアのウラン会社に売っていた!

  (ビデオは YouTube の2分39秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

尖閣の防衛の仕方

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)20年前に石原慎太郎 元東京都知事が「国の灯台を(尖閣に)ちゃんと作れよ」と、それから石垣市議会の仲間均(なかまひとし)なんて僕の友人だけど、ずっと尖閣のパイオニアだけ …

新ロシア疑惑: (3) ヒラリーと民主党全国委員会はトランプのゴシップを探すのをイギリスの諜報員に頼んでクレムリンに送り込み選挙戦の直前まで諜報員にお金を出し続けた

  (ビデオは YouTube の5分57秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

台湾特集 (3/5) – 中国は鄧小平時代に台湾を認めたことを忘れている

(井上和彦氏の解説、書き起こし):アメリカがずっと忘れていたことの1つに、いま藤井さんのほうからでた台湾関係法というのはね、やっぱりアメリカも日本と同じように中華人民共和国と国交を結んで、台湾、当時の …

ロシア疑惑で初提訴? 実はウクライナが選挙前に頼んできた事件だった!ロシアとは関係なし!

ニュースタイトル:米大統領選のロシア疑惑で初提訴 元選対本部長 共同通信によりますとロシア政府による昨年のアメリカ大統領選挙干渉疑惑いわゆるロシアゲートを操作するモラー特別検察官は先月30日、トランプ …