藤井厳喜

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

投稿日:2017年8月3日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけど、それを整理しながらやる。しかも実はまだ政権の下のほうは、行政職でオバマ政権の残留組がまだまだイッパイいるわけです。この人たちがリークをやるわけです。それで非常に政権が不安定にみえますが、ようやく長官レベルがビシッと固まった。そしてホワイトハウスもいよいよ、ちゃんとした人事が出来るようになってきた。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、46分頃の解説より

Renno_new / Pixabay

-藤井厳喜

関連記事

台湾特集 (5/5) -台湾の独立性の維持は日本の安全保障上重要である

台湾は国際法上は独立宣言をする相手は「日本」である (井上和彦氏の解説、書き起こし):ある意味ではね、国際法上は独立宣言をする相手というのは日本国なんじゃないですか? 藤井:そうなんですね。世界に宣言 …

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは …

とりあえずトマホークを1000発装備すれば、北朝鮮に対する核の抑止力になる!

(井上さんがミサイルの迎撃強化の重要性をうったえた後で)藤井:ミサイル・ディフェンスは大事なの。(でも)ものすごいお金がかかるの。100発100中じゃないの。だからやっぱり相手の国をやっつける報復力。 …

リチャード・アミテージは反トランプ

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・ト …

新ロシア疑惑: (1) ヒラリーは国務長官時代に国策会社をロシアのウラン会社に売っていた!

  (ビデオは YouTube の2分39秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …