藤井厳喜

リチャード・アミテージは反トランプ

投稿日:2017年8月2日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・トランプです、腹の中は。ですからそういった、今までの共和党の外交政策でも安全保障政策でも人材は非常に豊富。例えば僕も存じ上げているリチャード・アミテージさんは、選挙戦の最中に、トランプみたいな者が入ってきたら、伝統的な共和党の安全保障政策がダメになっちゃうからと言って、アンチ・トランプだとはっきり言っちゃった! だからそういった共和党の元来の外交保証安全政策の専門家が使えなくなっちゃったっというんですよ。そうするとどっかからか連れてこなくちゃいけない。いいと思って入れた人がダメだったねということ。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、44分頃の解説より

-藤井厳喜
-,

関連記事

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけ …

トランプ大統領の支持率ぜんぜん落ちてません

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)支持率ぜんぜん落ちてません。最近ですね、トランプ政権になってから、日本でいう衆議院の補欠選挙みたいの4つあったわけ。欠員ができたところで下院の選挙が4つあったわけ、共和 …

尖閣の防衛の仕方

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)20年前に石原慎太郎 元東京都知事が「国の灯台を(尖閣に)ちゃんと作れよ」と、それから石垣市議会の仲間均(なかまひとし)なんて僕の友人だけど、ずっと尖閣のパイオニアだけ …

台湾特集 (1/5) – 台湾と米国

(井上和彦氏の解説、書き起こし):[ 歴史を簡単に言えば ] 蒋介石(しょうかいせき)と毛沢東がけんかをして負けた側の蒋介石が、国民党という政党を丸抱えで(台湾に)来たときにきた軍隊というのは、これも …

【藤井厳喜】国家の目標は「国民の安全を確保すること」「国民が豊かに暮らすこと」「それを支える経済を作ること」を国家が責任をもつこと。民主政治や立憲主義というのは国家の目標じゃなくて二次的目標。

ニュースタイトル: 立憲民主「最高の価値」と宣言 党綱領改定 共同通信によりますと立憲民主党の党綱領改定案が3日わかりました。党名の拠り所の立憲主義と民主主義を最高の価値として守るとして宣言、草の根か …