藤井厳喜

リチャード・アミテージは反トランプ

投稿日:2017年8月2日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・トランプです、腹の中は。ですからそういった、今までの共和党の外交政策でも安全保障政策でも人材は非常に豊富。例えば僕も存じ上げているリチャード・アミテージさんは、選挙戦の最中に、トランプみたいな者が入ってきたら、伝統的な共和党の安全保障政策がダメになっちゃうからと言って、アンチ・トランプだとはっきり言っちゃった! だからそういった共和党の元来の外交保証安全政策の専門家が使えなくなっちゃったっというんですよ。そうするとどっかからか連れてこなくちゃいけない。いいと思って入れた人がダメだったねということ。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、44分頃の解説より

-藤井厳喜
-,

関連記事

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけ …

台湾特集 (4/5) -蔡英文(さいえいぶん)が8年やれば台湾は独立できる!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし):非常に地味ですけどね、蔡英文(さいえいぶん)さんは基本的には李登輝さんのお弟子さんであるし、僕は非常にしっかりした人だと思います。一回選挙で落ちた後ね、ものすごいまた …

習近平が人民解放軍を「中国」の軍隊ではなく「党」の軍隊としておきたい理由

ニュース見出し『習近平氏「党の軍隊」強調 絶対的指導で忠誠迫る』  「共同通信」によりますと、中国人民解放軍の創設90年を記念する(8月)1日の式典での演説で、習近平国家主席は軍に対する党の絶対的指導 …

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは …

政治家が謝るとき遺憾と言うが「遺憾」という言葉に謝罪の意味はない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)よく政治家が遺憾という言葉を使うんですね。「遺憾はイカン!」というのが私の意見で、遺憾という言葉を広辞苑でひくと、岩波書店で嫌いなんですけれども、いちおう日本で権威ある …