井上和彦 藤井厳喜

台湾特集 (1/5) – 台湾と米国

投稿日:2017年8月10日 更新日:

(井上和彦氏の解説、書き起こし):[ 歴史を簡単に言えば ] 蒋介石(しょうかいせき)と毛沢東がけんかをして負けた側の蒋介石が、国民党という政党を丸抱えで(台湾に)来たときにきた軍隊というのは、これも中国国民党の軍隊。それが今の台湾軍の原型になっているわけですよね。軍閥のままっていうんですか

藤井:そうそう、軍閥のまま。中国共産党と中国国民党は双子なんですよ。だから今ね蔡 英文(さい えいぶん)さんが非常に苦労されて台湾でやっているってことはね、いままでは中華民国っていう名前あるけど、イコール国民党だったんですよ。軍も中華民国の国家の軍じゃなくて国民党軍だった。官庁組織も全部そうなんだ。それをね、国家の官僚組織、国家の軍に作り替えるということ(は)たいへんな大仕事です。これだけで2期8年かかると思います。蔡英文さんは、独立だとか派手なことは言わないけれど、非常に地味なそうゆうね、本当に近代国家ってことは、もちろん別じゃなくちゃいけないわけで、国家の軍であり、国家の官庁政治じゃなくちゃいけないでしょ。それをね非常にコツコツおやりになっていると思います。

トランプ大統領は就任前に台湾の大統領と電話会談をした

井上:その意味ではね、今回のトランプ大統領をものすごく評価した点というのは、いっち番最初にね、彼が政権を運営することになった前くらいかな。台湾に対する思い入れを彼はバーンと出している。 藤井:12月2日ね、去年の。大統領になる前に蔡英文(さいえいぶん)と電話会談やったんだから。 井上:これはすごいですよ。それでしかも今回、台湾にアメリカの兵器、もちろん最新鋭ではないけれども、当然ながら優秀なハイテク兵器を台湾に供与しますよ。もちろんそれは売買になるんですよ。高い買い物になるかも知れないけど、これをやるという意思表示っていうのがアメリカの中国に対する姿勢であるということちゃんと内外に示しているでしょ。これはね、オバマ大統領の時にはムニャムニャとどういう風に見てんの?っと、アジアに関与しますよと、いうことを言う割には、なんかちょっと弱気でね。 藤井:結局オバマはアジア対応っていうのは良かったんだけれども、結局何もできなかった。リバランシングもアジアへのカンバックもなかった。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、井上和彦、1時間46分頃の解説より



GDJ / Pixabay

-井上和彦, 藤井厳喜
-, , , ,

関連記事

リチャード・アミテージは反トランプ

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・ト …

ロシア疑惑で初提訴? 実はウクライナが選挙前に頼んできた事件だった!ロシアとは関係なし!

ニュースタイトル:米大統領選のロシア疑惑で初提訴 元選対本部長 共同通信によりますとロシア政府による昨年のアメリカ大統領選挙干渉疑惑いわゆるロシアゲートを操作するモラー特別検察官は先月30日、トランプ …

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは …

台湾特集 (5/5) -台湾の独立性の維持は日本の安全保障上重要である

台湾は国際法上は独立宣言をする相手は「日本」である (井上和彦氏の解説、書き起こし):ある意味ではね、国際法上は独立宣言をする相手というのは日本国なんじゃないですか? 藤井:そうなんですね。世界に宣言 …

台湾特集 (3/5) – 中国は鄧小平時代に台湾を認めたことを忘れている

(井上和彦氏の解説、書き起こし):アメリカがずっと忘れていたことの1つに、いま藤井さんのほうからでた台湾関係法というのはね、やっぱりアメリカも日本と同じように中華人民共和国と国交を結んで、台湾、当時の …