藤井厳喜

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

投稿日:2017年8月11日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは認めてませんから。はっきりいって。それでもって、アメリカのディフィニション(定義)によるワンチャイナ・ポリシーやっているわけであって、ということは、台湾独立を前提としたワンチャイナ・ポリシー何ですよ。っていうことは、ワンチャイナにもしなるとすれば、台湾の人たちが一緒になりたいといってなるならそれを妨げないというだけでね。People of Taiwan の意志を大事にするという「台湾関係法」という国内法をアメリカはもっています。それを尊重した上でのワンチャイナということをかれは言ってるんであって、だから実際上は台湾の事実上の独立を断固支持していくというのがトランプ政権の本当の立場なんです。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、1時間48分頃の解説より



GDJ / Pixabay

-藤井厳喜
-, , , ,

関連記事

台湾特集 (3/5) – 中国は鄧小平時代に台湾を認めたことを忘れている

(井上和彦氏の解説、書き起こし):アメリカがずっと忘れていたことの1つに、いま藤井さんのほうからでた台湾関係法というのはね、やっぱりアメリカも日本と同じように中華人民共和国と国交を結んで、台湾、当時の …

ロシア疑惑で初提訴? 実はウクライナが選挙前に頼んできた事件だった!ロシアとは関係なし!

ニュースタイトル:米大統領選のロシア疑惑で初提訴 元選対本部長 共同通信によりますとロシア政府による昨年のアメリカ大統領選挙干渉疑惑いわゆるロシアゲートを操作するモラー特別検察官は先月30日、トランプ …

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけ …

新ロシア疑惑: (2) クリントン財団はロシアから1億4500万ドルの献金を受け取っていた! モラー特別検察官はその当時 FBI 長官としてヒラリーに協力した!

  (ビデオは YouTube の4分41秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

リチャード・アミテージは反トランプ

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・ト …