藤井厳喜

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

投稿日:2017年8月11日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは認めてませんから。はっきりいって。それでもって、アメリカのディフィニション(定義)によるワンチャイナ・ポリシーやっているわけであって、ということは、台湾独立を前提としたワンチャイナ・ポリシー何ですよ。っていうことは、ワンチャイナにもしなるとすれば、台湾の人たちが一緒になりたいといってなるならそれを妨げないというだけでね。People of Taiwan の意志を大事にするという「台湾関係法」という国内法をアメリカはもっています。それを尊重した上でのワンチャイナということをかれは言ってるんであって、だから実際上は台湾の事実上の独立を断固支持していくというのがトランプ政権の本当の立場なんです。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、1時間48分頃の解説より



GDJ / Pixabay

-藤井厳喜
-, , , ,

関連記事

ベネゼエラの政府は崩壊寸前!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)マドゥーロさんとう人が大統領なんですけれども、チャペスさんという、もうガンで亡くなりました、大変な反米の社会主義者である。(一平ちゃん:「国連でブッシュさんを名指して悪 …

新ロシア疑惑: (3) ヒラリーと民主党全国委員会はトランプのゴシップを探すのをイギリスの諜報員に頼んでクレムリンに送り込み選挙戦の直前まで諜報員にお金を出し続けた

  (ビデオは YouTube の5分57秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

とりあえずトマホークを1000発装備すれば、北朝鮮に対する核の抑止力になる!

(井上さんがミサイルの迎撃強化の重要性をうったえた後で)藤井:ミサイル・ディフェンスは大事なの。(でも)ものすごいお金がかかるの。100発100中じゃないの。だからやっぱり相手の国をやっつける報復力。 …

新ロシア疑惑: (2) クリントン財団はロシアから1億4500万ドルの献金を受け取っていた! モラー特別検察官はその当時 FBI 長官としてヒラリーに協力した!

  (ビデオは YouTube の4分41秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

台湾特集 (1/5) – 台湾と米国

(井上和彦氏の解説、書き起こし):[ 歴史を簡単に言えば ] 蒋介石(しょうかいせき)と毛沢東がけんかをして負けた側の蒋介石が、国民党という政党を丸抱えで(台湾に)来たときにきた軍隊というのは、これも …