藤井厳喜

台湾特集 (2/5) – トランプ政権のいうワンチャイナとは、台湾は含まれていない

投稿日:2017年8月11日 更新日:

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)だけでも、トランプさんは大統領になる前から、台湾の独立を擁護するという主張をはっきりしてて、それでもって彼はワンチャイナ・ポリシーは中国共産党のワンチャイナ・ポリシーは認めてませんから。はっきりいって。それでもって、アメリカのディフィニション(定義)によるワンチャイナ・ポリシーやっているわけであって、ということは、台湾独立を前提としたワンチャイナ・ポリシー何ですよ。っていうことは、ワンチャイナにもしなるとすれば、台湾の人たちが一緒になりたいといってなるならそれを妨げないというだけでね。People of Taiwan の意志を大事にするという「台湾関係法」という国内法をアメリカはもっています。それを尊重した上でのワンチャイナということをかれは言ってるんであって、だから実際上は台湾の事実上の独立を断固支持していくというのがトランプ政権の本当の立場なんです。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、1時間48分頃の解説より



GDJ / Pixabay

-藤井厳喜
-, , , ,

関連記事

台湾特集 (4/5) -蔡英文(さいえいぶん)が8年やれば台湾は独立できる!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし):非常に地味ですけどね、蔡英文(さいえいぶん)さんは基本的には李登輝さんのお弟子さんであるし、僕は非常にしっかりした人だと思います。一回選挙で落ちた後ね、ものすごいまた …

リチャード・アミテージは反トランプ

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)トランプ(大統領)は ワシントン D.C.のアウトサイダー(= 部外者)なわけ。共和党も従来の人脈が使えない。ということで国会議員も、共和党でさえ半分くらいはアンチ・ト …

トランプ大統領は炭鉱地帯の人たちからたいへん感謝されている!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)それにもかかわらずスタートしてから6ヵ月たちますけれども、大変な業績を上げてますよ。トランプ政権は。その点では、(米国)国内は景気がいい! 失業率はどんどん下がっている …

政治家が謝るとき遺憾と言うが「遺憾」という言葉に謝罪の意味はない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)よく政治家が遺憾という言葉を使うんですね。「遺憾はイカン!」というのが私の意見で、遺憾という言葉を広辞苑でひくと、岩波書店で嫌いなんですけれども、いちおう日本で権威ある …

ロシア政府も西エルサレムをイスラエルの首都として認定

トランプだけではなく、ロシアも西エルサレムをイスラエルの首都として認定することをロシア政府が今年の4月に言及していた。アメリカとロシアの意見は一致している。しかしマスコミは沈黙。 (虎ノ門ニュース、1 …