井上和彦 藤井厳喜

台湾特集 (5/5) -台湾の独立性の維持は日本の安全保障上重要である

投稿日:2017年8月14日 更新日:

台湾は国際法上は独立宣言をする相手は「日本」である

(井上和彦氏の解説、書き起こし):ある意味ではね、国際法上は独立宣言をする相手というのは日本国なんじゃないですか?

藤井:そうなんですね。世界に宣言すればいいんだけど、日本にそれを一番通達するというのがスジでしょうね。だからこれからね、台湾の台湾国がこれから生まれるんですよ。台湾が今の民主主義・自由主義の国であることが、日本の安全保障の最大の問題である。たとえば朝鮮半島でドンパチ始まっても、経済的にはものすごく影響を受けるけれども、国家の生存にまで影響を及ぼすかというとそこまではないですね。台湾海峡やバシー海峡(台湾周辺の海峡)が抑えられていますと、中国に抑えられてしまうと、12,000 km の中東までのシーレーンは危険にさらされるし、アメリカにとっても、台湾をとられたら次は、点でグアムで抑えて、次はハワイでしか抑えられなくなる。これは日本にとっても米国にとっても、実は韓国にとっても国家の生存に関わることっていうのは、台湾の独立性の維持っていうのは非常に大事な話。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 井上和彦、1時間58分頃の解説より



台湾と日本は仲良し

-井上和彦, 藤井厳喜
-, ,

関連記事

台湾特集 (1/5) – 台湾と米国

(井上和彦氏の解説、書き起こし):[ 歴史を簡単に言えば ] 蒋介石(しょうかいせき)と毛沢東がけんかをして負けた側の蒋介石が、国民党という政党を丸抱えで(台湾に)来たときにきた軍隊というのは、これも …

政治家が謝るとき遺憾と言うが「遺憾」という言葉に謝罪の意味はない

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)よく政治家が遺憾という言葉を使うんですね。「遺憾はイカン!」というのが私の意見で、遺憾という言葉を広辞苑でひくと、岩波書店で嫌いなんですけれども、いちおう日本で権威ある …

新ロシア疑惑: (1) ヒラリーは国務長官時代に国策会社をロシアのウラン会社に売っていた!

  (ビデオは YouTube の2分39秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

新ロシア疑惑: (3) ヒラリーと民主党全国委員会はトランプのゴシップを探すのをイギリスの諜報員に頼んでクレムリンに送り込み選挙戦の直前まで諜報員にお金を出し続けた

  (ビデオは YouTube の5分57秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …

とりあえずトマホークを1000発装備すれば、北朝鮮に対する核の抑止力になる!

(井上さんがミサイルの迎撃強化の重要性をうったえた後で)藤井:ミサイル・ディフェンスは大事なの。(でも)ものすごいお金がかかるの。100発100中じゃないの。だからやっぱり相手の国をやっつける報復力。 …