井上和彦 藤井厳喜

台湾特集 (5/5) -台湾の独立性の維持は日本の安全保障上重要である

投稿日:2017年8月14日 更新日:

台湾は国際法上は独立宣言をする相手は「日本」である

(井上和彦氏の解説、書き起こし):ある意味ではね、国際法上は独立宣言をする相手というのは日本国なんじゃないですか?

藤井:そうなんですね。世界に宣言すればいいんだけど、日本にそれを一番通達するというのがスジでしょうね。だからこれからね、台湾の台湾国がこれから生まれるんですよ。台湾が今の民主主義・自由主義の国であることが、日本の安全保障の最大の問題である。たとえば朝鮮半島でドンパチ始まっても、経済的にはものすごく影響を受けるけれども、国家の生存にまで影響を及ぼすかというとそこまではないですね。台湾海峡やバシー海峡(台湾周辺の海峡)が抑えられていますと、中国に抑えられてしまうと、12,000 km の中東までのシーレーンは危険にさらされるし、アメリカにとっても、台湾をとられたら次は、点でグアムで抑えて、次はハワイでしか抑えられなくなる。これは日本にとっても米国にとっても、実は韓国にとっても国家の生存に関わることっていうのは、台湾の独立性の維持っていうのは非常に大事な話。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 井上和彦、1時間58分頃の解説より



台湾と日本は仲良し

-井上和彦, 藤井厳喜
-, ,

関連記事

【藤井厳喜】国家の目標は「国民の安全を確保すること」「国民が豊かに暮らすこと」「それを支える経済を作ること」を国家が責任をもつこと。民主政治や立憲主義というのは国家の目標じゃなくて二次的目標。

ニュースタイトル: 立憲民主「最高の価値」と宣言 党綱領改定 共同通信によりますと立憲民主党の党綱領改定案が3日わかりました。党名の拠り所の立憲主義と民主主義を最高の価値として守るとして宣言、草の根か …

とりあえずトマホークを1000発装備すれば、北朝鮮に対する核の抑止力になる!

(井上さんがミサイルの迎撃強化の重要性をうったえた後で)藤井:ミサイル・ディフェンスは大事なの。(でも)ものすごいお金がかかるの。100発100中じゃないの。だからやっぱり相手の国をやっつける報復力。 …

トランプ大統領は炭鉱地帯の人たちからたいへん感謝されている!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)それにもかかわらずスタートしてから6ヵ月たちますけれども、大変な業績を上げてますよ。トランプ政権は。その点では、(米国)国内は景気がいい! 失業率はどんどん下がっている …

習近平が人民解放軍を「中国」の軍隊ではなく「党」の軍隊としておきたい理由

ニュース見出し『習近平氏「党の軍隊」強調 絶対的指導で忠誠迫る』  「共同通信」によりますと、中国人民解放軍の創設90年を記念する(8月)1日の式典での演説で、習近平国家主席は軍に対する党の絶対的指導 …

ホワイトハウスの長官レベルが決まりようやくトランプ政権始動か!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)いままでの共和党政権みたいに落ち着いてね、試されてて、経済政策はこの人というようにパッパとやるわけにはいかない。そこのところが若干ヒッチャカメチャカになっているんですけ …