藤井厳喜

習近平が人民解放軍を「中国」の軍隊ではなく「党」の軍隊としておきたい理由

投稿日:2017年8月9日 更新日:

ニュース見出し『習近平氏「党の軍隊」強調 絶対的指導で忠誠迫る』  「共同通信」によりますと、中国人民解放軍の創設90年を記念する(8月)1日の式典での演説で、習近平国家主席は軍に対する党の絶対的指導を繰り返し強調しました。国軍ではなく、「党」の軍隊としてきた一党独裁の体制下での軍の位置づけを堅持するとうったえ、軍に対し党や自身への政治的忠誠を迫りました。中国では対外開放の影響で、軍に対する共産党の関与否定につながる軍の非政治化や国軍化の論調が広がったことがあります。習氏はこうした論調は一等独裁下の弱体につながるとみて、絶対に許さない姿勢を示しました。

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし)原型はソ連なんですよね。ソ連の赤軍というのは国家の軍隊じゃなくて、ソ連共産党の軍。共産党支配を守るための軍なんだけど、チャイナがソ連共産党から学んだのは、ソ連がなんであえなく滅びちゃったかというと、ソ連共産党の軍であったものは国軍になっちゃった。ソ連においてはね。いざという時に共産党支配を守るために動かなかった。国家に忠誠を誓うんであって、共産党に忠誠を誓うんじゃないってなっちゃった。それを学んで絶対に党の軍隊として掌握していかなくちゃいけない!っというのがいわばソ連崩壊から中国共産党が学んだ教訓なんだよね。 人民解放軍っていうでしょ。あれ人民抑圧軍だから。人民解放軍っていわないで「中国共産党軍」と正しく呼んでんだけどね。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 藤井厳喜、1時間44分頃の解説より



takazart / Pixabay

-藤井厳喜
-, , ,

関連記事

ロシア政府も西エルサレムをイスラエルの首都として認定

トランプだけではなく、ロシアも西エルサレムをイスラエルの首都として認定することをロシア政府が今年の4月に言及していた。アメリカとロシアの意見は一致している。しかしマスコミは沈黙。 (虎ノ門ニュース、1 …

台湾特集 (1/5) – 台湾と米国

(井上和彦氏の解説、書き起こし):[ 歴史を簡単に言えば ] 蒋介石(しょうかいせき)と毛沢東がけんかをして負けた側の蒋介石が、国民党という政党を丸抱えで(台湾に)来たときにきた軍隊というのは、これも …

台湾特集 (3/5) – 中国は鄧小平時代に台湾を認めたことを忘れている

(井上和彦氏の解説、書き起こし):アメリカがずっと忘れていたことの1つに、いま藤井さんのほうからでた台湾関係法というのはね、やっぱりアメリカも日本と同じように中華人民共和国と国交を結んで、台湾、当時の …

台湾特集 (4/5) -蔡英文(さいえいぶん)が8年やれば台湾は独立できる!

(藤井厳喜氏の解説、書き起こし):非常に地味ですけどね、蔡英文(さいえいぶん)さんは基本的には李登輝さんのお弟子さんであるし、僕は非常にしっかりした人だと思います。一回選挙で落ちた後ね、ものすごいまた …

新ロシア疑惑: (2) クリントン財団はロシアから1億4500万ドルの献金を受け取っていた! モラー特別検察官はその当時 FBI 長官としてヒラリーに協力した!

  (ビデオは YouTube の4分41秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。)  クリントン夫妻が関係する本当のロシアゲート問題(1)~( …