百田尚樹

今回のもりかけ問題で報道機関は絶対にやってはいけないことをした!

投稿日:2017年7月23日 更新日:

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)もりかけ問題は全くのでっちあげ事件であり、犯罪性、違法性がないのに違法性があるかのように何ヵ月にも渡って報道した。これは完全にえん罪で、報道機関が絶対にやってはいけないこと。完全に一線を踏み越えてしまった!

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/7/25(月) 百田尚樹、1時間17分頃の解説より

⭐️ テレビ会社がそろって国民にウソを流すなら、放送権を国民に返して下さい。今までのテレビは終了です。(まじぽニュース)

国民から見放されたテレビ



 

 

 

 

 

 

 

関連記事:あの日をもって日本のメディアは自壊した・・・(2017/7/22)

 

-百田尚樹
-

関連記事

核保有ではなく核シェアリング

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:実際のところね、日本が北朝鮮の核に対してどういうようなことをやるか、お花畑は「対話や対話や」って言うてます。一方ではね「いやいやとにかく軍事制圧 …

【百田尚樹】これは報道機関じゃない! → 毎日新聞&朝日新聞「安倍たたきがうちの社是です」

【 森友加計 毎日「首相首相がすべきは自身で調査すること」】 毎日新聞は17日の朝刊のコラム記事「記者の目」でいわゆる加計森友問題について首相がすべきなのは自身の関与がなかったとしても周辺に忖度がなか …

「悪魔の証明」を安倍たたきに使うマスコミと野党。これは「スターリン」や「ナチスドイツ」と同じやり方!

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)家計問題は疑惑をこしらえただけで結局 安倍政権は何の落ち度もなかったですよね、ほとんどね。ほとんどというかなかったと言えますね。ところがメディア、新聞もテレビも含めて特 …

世界ではテレビ電波をオークションして割り当てるのが当たり前

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:本来ね、電波法があるのがおかしい。いや本来は表現の自由やから何やってもいいんですよ。ところがね日本はそれやったら困るのは、東京キー局なんかね5つ …

前川が実行犯で天下りあっせんをしていた。懲戒免職で退職金なしのケースだった。それをもみ消したいがためにウソのメモ情報を流した。(高橋洋一氏)

(高橋洋一氏と百田尚樹氏による解説、書き起こし) 高橋:私は公務員やってて天下り法を作った人なの。それでね天下り法に本格的に引っかかったのは3回目なんだけど、私あの事件をすごく追ってたわけね。それで最 …