百田尚樹

「悪魔の証明」を安倍たたきに使うマスコミと野党。これは「スターリン」や「ナチスドイツ」と同じやり方!

投稿日:2017年9月7日 更新日:

百田尚樹氏の解説、書き起こし家計問題は疑惑をこしらえただけで結局 安倍政権は何の落ち度もなかったですよね、ほとんどね。ほとんどというかなかったと言えますね。ところがメディア、新聞もテレビも含めて特にテレビがひどかったですが、疑惑はあるということで、ごめんなさい話がだいぶ ズレましたけど疑惑がある。しかもその疑惑を話せというんですよね、安倍政権に対して疑惑を晴らせと。何にもないことを証明しろと。これはね論理学の基礎の基礎ですけど、いわゆる「悪魔の証明」と言いまして、「ないものは証明はできない」。それをメディアあるいは野党はそれを主張したわけですけど、実はこれ大事なことなんですけど、これはいわゆる「スターリン」とかあるいは「中国人民共和国」とかあるいはかつての「ナチスドイツ」(が)こういうことをやってきた事なんですよね。というのはスターリン時代はいわゆる国家の敵ということでもう何千万人という人を処刑してあるいは収容所に送り込みましたね。粛清という。でこれは結局国家の敵という疑惑をまずこしらえるわけです。

(国家):「居島一平、お前怪しい」と「お前どこどこで前こんなことゆうたやろ」と、「どうもこれは政府を転覆させる意図があっての発言やないか」と「お前 政府転覆させようと思ってるんやろ、お前国家の敵やろ、お前にはその疑惑があるんや」と。「居島、お前どーするんや?」

(居島):「僕は何もしてませんと、国家転覆なんか考えてません」

(国家):「じゃお前 証明しろ。」

(居島):「ないこと証明できないです。」どうやっても証明できない。

(国家):そうするとお前の疑惑は晴れない。処刑!

そうやって共産主義国は次々に処刑していったんですよ。カンボジアのポルポトもそうです。とにかく疑惑をまずはお前に疑惑があると、その疑惑をお前は無実ということで証明してみろよと、で証明できなかったら処刑。これは共産主義がずっとやってきたことなんです。今回森友・家計問題でもメディアはこれを踏襲しているわけですよね。だからほんとメディアの正体がこれで非常に明らかになってますね。

[引用] DHC9/5()百田尚樹・潮匡人・居島一平【虎ノ門ニュース】39分からの解説より(リンクは2週間後に切れます)

-百田尚樹
-, , ,

関連記事

地方紙の社説は共同通信が書いている

0:19 上島:地方紙の社説は共同通信が書いている 百田:地方の人は地元の新聞社が社説を書いていると思っている。 岡本プロドューサー:地方紙はなんで社説を書かないの? 百田:書ける人がいないから。地元 …

希望の党の潮目を変えたのは小池都知事ではなく朝日新聞

(ビデオは YouTube の4分51秒から始まります。先日の記事「フジテレビと産経新聞の違い」で引用された YouTube ビデオと同じです。このニュースをお聞きになりたい方はビデオの最初からスター …

メディアは「北朝鮮には軍事圧力か, 話し合いか, のどちらかだ」というがそれは世界には通用しない

(先日の解説の続き、書き起こし) 百田:あとね、日本の左翼のコメンテーターとかあの新聞とかメディアがねバカやなぁと思うのは例えば北朝鮮に対する方策でね、例えば今言ったように5つも6つも選択肢がある、選 …

今回のもりかけ問題で報道機関は絶対にやってはいけないことをした!

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)もりかけ問題は全くのでっちあげ事件であり、犯罪性、違法性がないのに違法性があるかのように何ヵ月にも渡って報道した。これは完全にえん罪で、報道機関が絶対にやってはいけない …

自民党圧勝なのに内閣支持率が上がってこないのはなぜですか?

視聴者からの質問:自民党圧勝なのに内閣支持率が上がってこないのはなぜですか? 答え: 新聞社がウソの内閣支持率を出していたことの証明! < 日本全国で行われる国政選挙が一番民意を反映している > ・衆 …