百田尚樹

「悪魔の証明」を安倍たたきに使うマスコミと野党。これは「スターリン」や「ナチスドイツ」と同じやり方!

投稿日:2017年9月7日 更新日:

百田尚樹氏の解説、書き起こし家計問題は疑惑をこしらえただけで結局 安倍政権は何の落ち度もなかったですよね、ほとんどね。ほとんどというかなかったと言えますね。ところがメディア、新聞もテレビも含めて特にテレビがひどかったですが、疑惑はあるということで、ごめんなさい話がだいぶ ズレましたけど疑惑がある。しかもその疑惑を話せというんですよね、安倍政権に対して疑惑を晴らせと。何にもないことを証明しろと。これはね論理学の基礎の基礎ですけど、いわゆる「悪魔の証明」と言いまして、「ないものは証明はできない」。それをメディアあるいは野党はそれを主張したわけですけど、実はこれ大事なことなんですけど、これはいわゆる「スターリン」とかあるいは「中国人民共和国」とかあるいはかつての「ナチスドイツ」(が)こういうことをやってきた事なんですよね。というのはスターリン時代はいわゆる国家の敵ということでもう何千万人という人を処刑してあるいは収容所に送り込みましたね。粛清という。でこれは結局国家の敵という疑惑をまずこしらえるわけです。

(国家):「居島一平、お前怪しい」と「お前どこどこで前こんなことゆうたやろ」と、「どうもこれは政府を転覆させる意図があっての発言やないか」と「お前 政府転覆させようと思ってるんやろ、お前国家の敵やろ、お前にはその疑惑があるんや」と。「居島、お前どーするんや?」

(居島):「僕は何もしてませんと、国家転覆なんか考えてません」

(国家):「じゃお前 証明しろ。」

(居島):「ないこと証明できないです。」どうやっても証明できない。

(国家):そうするとお前の疑惑は晴れない。処刑!

そうやって共産主義国は次々に処刑していったんですよ。カンボジアのポルポトもそうです。とにかく疑惑をまずはお前に疑惑があると、その疑惑をお前は無実ということで証明してみろよと、で証明できなかったら処刑。これは共産主義がずっとやってきたことなんです。今回森友・家計問題でもメディアはこれを踏襲しているわけですよね。だからほんとメディアの正体がこれで非常に明らかになってますね。

[引用] DHC9/5()百田尚樹・潮匡人・居島一平【虎ノ門ニュース】39分からの解説より(リンクは2週間後に切れます)

-百田尚樹
-, , ,

関連記事

世界ではテレビ電波をオークションして割り当てるのが当たり前

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:本来ね、電波法があるのがおかしい。いや本来は表現の自由やから何やってもいいんですよ。ところがね日本はそれやったら困るのは、東京キー局なんかね5つ …

朝日新聞論説主幹 若宮啓文氏:韓国で教授 → 北京で変死

(ビデオは YouTube の4分36秒から始まります。ニュースのタイトルをお聞きになりたい方はビデオの最初からスタートさせて下さい。) 要約・目次 4:36 ≪≪ 朝日新聞・若宮啓文氏:韓国で教授 …

【高橋洋一】地上波の電波オークションをしてないのは日本だけ!

「菅官房長官 電波オークション導入に前向き」 産経新聞によりますと菅義偉官房長官は先月28日の記者会見で、政府の規制改革推進会議が安倍内閣の成長戦略の一つとして議論している電波オークション導入について …

【百田尚樹】これは報道機関じゃない! → 毎日新聞&朝日新聞「安倍たたきがうちの社是です」

【 森友加計 毎日「首相首相がすべきは自身で調査すること」】 毎日新聞は17日の朝刊のコラム記事「記者の目」でいわゆる加計森友問題について首相がすべきなのは自身の関与がなかったとしても周辺に忖度がなか …

【百田尚樹】対島が韓国人だらけになっている

百田尚樹氏の解説: – 一週間前の産経新聞だけど、対島の土地がすさまじい勢いで韓国に買われている! – 対島の人口は3万人だが、実際には住民票だけあって実際にはもっと少ないとい …