百田尚樹 高橋洋一

世界ではテレビ電波をオークションして割り当てるのが当たり前

投稿日:2017年9月16日 更新日:

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし)

百田:本来ね、電波法があるのがおかしい。いや本来は表現の自由やから何やってもいいんですよ。ところがね日本はそれやったら困るのは、東京キー局なんかね5つくらいがね、もう50年以上にも渡って国民の共有財産の既得権をもうガッチリ持って離さない。それやったら放送法守れってことなんですよね。

高橋:今のテレビ局というのは不当に(電波使用料が)安いので、実は既得権になっているわけ私、財務省だから財政の観点から思うと電波って国民財産なわけ。会計法ではね、オークションが原則なわけ。だからねオークションにしてテレビ局も淘汰するくらいにやって、放送法がないっていうのが一番美しい世界。そうすると多種多様、でもすごく数のテレビ局ができるんだけどね。それでいいんだよ。

百田:アメリカもそうですよね。

高橋:そうよ、普通はそう。

百田:でもどうも最近安倍総理がオークション導入に言及したっていう話ですね。

高橋:やると思う。普通だから。普通の話だから。

[引用] 【DHC】9/12(火)百田尚樹・高橋洋一【虎ノ門ニュース】 47分40秒からの解説より(リンクは2週間後に切れます)

-百田尚樹, 高橋洋一
-, ,

関連記事

中国はなぜ慰安婦像をアメリカや香港に設置したがるのか

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)アメリカとか世界の国にですね、慰安婦像を建てる動きがあります。特にアメリカね。でこのアメリカで慰安婦像を建てるのはバックに抗日連合会があります。これは中国の団体です。中 …

希望の党の潮目を変えたのは小池都知事ではなく朝日新聞

(ビデオは YouTube の4分51秒から始まります。先日の記事「フジテレビと産経新聞の違い」で引用された YouTube ビデオと同じです。このニュースをお聞きになりたい方はビデオの最初からスター …

「悪魔の証明」を安倍たたきに使うマスコミと野党。これは「スターリン」や「ナチスドイツ」と同じやり方!

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)家計問題は疑惑をこしらえただけで結局 安倍政権は何の落ち度もなかったですよね、ほとんどね。ほとんどというかなかったと言えますね。ところがメディア、新聞もテレビも含めて特 …

前川が実行犯で天下りあっせんをしていた。懲戒免職で退職金なしのケースだった。それをもみ消したいがためにウソのメモ情報を流した。(高橋洋一氏)

(高橋洋一氏と百田尚樹氏による解説、書き起こし) 高橋:私は公務員やってて天下り法を作った人なの。それでね天下り法に本格的に引っかかったのは3回目なんだけど、私あの事件をすごく追ってたわけね。それで最 …

【百田尚樹】対島が韓国人だらけになっている

百田尚樹氏の解説: – 一週間前の産経新聞だけど、対島の土地がすさまじい勢いで韓国に買われている! – 対島の人口は3万人だが、実際には住民票だけあって実際にはもっと少ないとい …