百田尚樹 高橋洋一

メディアは「北朝鮮には軍事圧力か, 話し合いか, のどちらかだ」というがそれは世界には通用しない

投稿日:2017年9月14日 更新日:

先日の解説の続き、書き起こし)

百田:あとね、日本の左翼のコメンテーターとかあの新聞とかメディアがねバカやなぁと思うのは例えば北朝鮮に対する方策でね、例えば今言ったように5つも6つも選択肢がある、選択肢というかね方法がある。これあくまで選択肢じゃないんですよね、複合的な問題、だから左翼のメディアはバカなのはつまり「話し合いか、軍事力か」と。この二つのうちどっちかやっていうんですね。どっちかをとってどっちかをなくすんじゃないんですね。軍事力の圧力と話し合いは一緒なんですよね。つまり軍事力の圧力をもってして話し合うということなんです

高橋:あえていうとね、どっちを優先すべきかって言ったらそりゃ「話」です。ただし背景にいつも軍事力がないと話もできないって話。話もできないから実は軍事力ってのは変な話なんだけどあった方が話し合いできるってそのレベルなんですよ。

百田:そーだからね、軍事圧力か、話し合いか、どっちかを取れじゃないんですよ

高橋:そうそう両方だね。

百田:軍事圧力をもちながら話し合いをもっていく、だからそこが日本の左翼も全然そのわかってない。

高橋:だからお花畑なわけで話すればなんとか、それでなんか左翼の人でね、北の核すぐ認めたらいいんじゃないとかいうでしょ、あんなね国連決議ずーっと違反してるの認めたらねこれ収拾つかなくなりますよ。

[引用] 【DHC】9/12(火)百田尚樹・高橋洋一【虎ノ門ニュース】 56分41秒からの解説より(リンクは2週間後に切れます)


 

-百田尚樹, 高橋洋一

関連記事

今回のもりかけ問題で報道機関は絶対にやってはいけないことをした!

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)もりかけ問題は全くのでっちあげ事件であり、犯罪性、違法性がないのに違法性があるかのように何ヵ月にも渡って報道した。これは完全にえん罪で、報道機関が絶対にやってはいけない …

世界ではテレビ電波をオークションして割り当てるのが当たり前

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:本来ね、電波法があるのがおかしい。いや本来は表現の自由やから何やってもいいんですよ。ところがね日本はそれやったら困るのは、東京キー局なんかね5つ …

前川が実行犯で天下りあっせんをしていた。懲戒免職で退職金なしのケースだった。それをもみ消したいがためにウソのメモ情報を流した。(高橋洋一氏)

(高橋洋一氏と百田尚樹氏による解説、書き起こし) 高橋:私は公務員やってて天下り法を作った人なの。それでね天下り法に本格的に引っかかったのは3回目なんだけど、私あの事件をすごく追ってたわけね。それで最 …

核保有ではなく核シェアリング

(百田尚樹氏と高橋洋一氏による解説、書き起こし) 百田:実際のところね、日本が北朝鮮の核に対してどういうようなことをやるか、お花畑は「対話や対話や」って言うてます。一方ではね「いやいやとにかく軍事制圧 …

中国はなぜ慰安婦像をアメリカや香港に設置したがるのか

(百田尚樹氏の解説、書き起こし)アメリカとか世界の国にですね、慰安婦像を建てる動きがあります。特にアメリカね。でこのアメリカで慰安婦像を建てるのはバックに抗日連合会があります。これは中国の団体です。中 …