上念司

オセロ AI は将棋はできない。しゃべる AI はオセロに弱い。汎用 AI はまだない。

投稿日:2017年8月19日 更新日:

(上念司氏の解説、書き起こし) AIっていうとみんなね、2001年宇宙の旅のね、ハル 2000 でしたっけ、あれのイメージで万能な AIってのをイメージするじゃないですか、何でもできる、でも現状AIはいわゆる「専用 AI」って言ってこれは対話しかできないんですよ。だから買い物してこいって言っても買い物はできないんですよね。オセロとか全くできないんです、これは。オセロも将棋もできない。喋るだけのAIなんですね、(一平:アルファ碁みたいな感じでは全然なく) そうそう、アルファ碁は碁しかできないんで。オセロやらしたら楽勝ですよ。勝てます。将棋っていったら将棋しかしないんです。そういうね、特化したAIと何でもできる汎用AIてのは違うんです。汎用AIはね今ないです。(一平:あーまだ現時点ではね。) 汎用AIができるっていうのはいわゆるシンギュラリティって言われていて、まあ特異点っていうんですけど、専用AIの開発がものすごい発達してね、結構なところまで行って、あらゆることができるAIが生まれると。シンギュラリティが来るって言われて言われてるんですけど、本当に来るかどうかはわかんないです。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC2017/8/4(上念司、1時間7分25秒からの解説より



ハルのような汎用 AI はできるか?

-上念司
-, ,

関連記事

郵政が民営化した理由(アメリカの支持で民営化したとは言えない)

(上念司氏の解説、書き起こし) 郵政民営化はやらざるを得ないんですよ。なんでかっていうと郵政省がやってたっていうのは普通の民間銀行より高い金利で扱って、それを「財政投融資」っていう国の事業で運営してた …

日本の 1,200 兆円の借金はあと2年で返済可能

(上念司氏の解説、書き起こし) 財政危機だっていっている人は、こういう例えはどうでしょう。井上さんが社長だとして「俺10億円も借金して借金まみれなんだよー」とか言って井上さん家に行って見たらレスッゲー …

日本が金融引き締めを2006年に急激にやって大失敗したので米国はそこから学んでゆっくりやっているのではないか

(上念司氏の解説、書き起こし) 逆にいうとアメリカが経済政策失敗しちゃうとまずいんですよ。(ミキティ:世界的に) 世界的にというかね、日本がまずいです。どういうことが起こるかというとアメリカがこれから …

制裁対象に1コ加えたい企業がある ➡ 共同通信

セカンダリー・サンクションとは?  制裁対象国と結びつきやすいが深い第三国の企業や機関への制裁を差し、二次的制裁とよばれる。北朝鮮による核ミサイル開発の資金は中国経由で外貨が流入していると指定されてい …

なぜアメリカは金融引き締めをしているのに株価が上がるのか

(上念司氏の解説、書き起こし)日本があんまり株が調子はよくないのになぜアメリカが調子いいのかということですよね。なおかつだってアメリカ利上げしてるでしょ。利上げして金融引き締めやってて、なおかつ今度は …