上念司

郵政が民営化した理由(アメリカの支持で民営化したとは言えない)

投稿日:2017年8月18日 更新日:

(上念司氏の解説、書き起こし) 郵政民営化はやらざるを得ないんですよ。なんでかっていうと郵政省がやってたっていうのは普通の民間銀行より高い金利で扱って、それを「財政投融資」っていう国の事業で運営してたんですけど、国の事業がそんなに高利回りで返せないんですよ。なのでどっかのタイミングで金利を民間よりも、ものすごい下げて、でも国債しか買わない。そういう銀行になるか、もしくは本当のただの民間銀行になるかどっちか選ぶしかなかったんです。郵政自体は、だから、あのままでは実は営業は続けられなかったので、だからなかなかそこはアメリカの圧力だけっていうのは厳しいかなと思うんですけどね。(ミキティ:なかったわけじゃないんでしょ?) まあ一応だから年次改革要望書とか色々いうんですけど、つっても僕はあんまりそれはどうかなと思います。まあ元々日本の事情でやらざるを得なかったところがあるので、そっちがメインかなと思います。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/4(水) 上念司、45分44秒からの解説より


 

-上念司
-, ,

関連記事

共同通信は北朝鮮に年間1億円も北朝鮮に送っている

(上念司氏の解説、書き起こし)共同通信は、北朝鮮の支局の維持費として、年間1億円も北朝鮮に送金している。本当に取材費として使われているのか、賄賂という形で向こうの人にわたって、核兵器開発に使われている …

サンフランシスコは「反日抗日団体の牙城」

(大高未貴氏&上念司氏の解説、要約 ) 上念:このサンフランシスコですけど基本的にシドニーで慰安婦像の阻止した活動をやっていた山岡さんに聞くと、外交問題を地方自治に持ち込むんじゃないみたいなロジックが …

制裁対象に1コ加えたい企業がある ➡ 共同通信

セカンダリー・サンクションとは?  制裁対象国と結びつきやすいが深い第三国の企業や機関への制裁を差し、二次的制裁とよばれる。北朝鮮による核ミサイル開発の資金は中国経由で外貨が流入していると指定されてい …

韓国軍の装備はどうも変!日本と戦うような装備や部隊を編成! 

要約・目次 0:50 上念司:元陸上自衛隊の第36代東部方面総監の渡部悦和(わたなべよしかず)さんの話によると、 「韓国軍の装備はどうもおかしい。どこを仮想敵国にみているのかよくわからない。もし北朝鮮 …

世界から見ると日本の「リベラル」は「共産主義」という意味

要約(下の会話より): ● 日本のリベラル ・外国人に説明するときは「日本のリベラルはコミュニスト(共産主義)だ」という。 ・こういう状況(ミサイルがいつ来てもおかしくない状態)になった時も北朝鮮サイ …