武田邦彦

GHQ のギルティープログラムをいまだにやり続ける NHK

投稿日:2017年8月17日 更新日:

(武田先生の解説、書き起こし)そういう我々の全体的な考え方を、思想統制してるのが NHK なんですよ。もちろんみなさん知ってるように、戦後 8,000 冊の本を焼いたわけですね。日本の本を進駐軍が全部焼いて粉飾工事ですね。焼いて、そして日本の過去を全部消して、日本が悪かった悪かったていうことをギルティープログラム* でやった。そのギルティープログラムの中心を今度 NHK が4つやるんですよ。だからそうするとね、アメリカのギルティープログラムを何回も何回も NHK がやるから、そうすると我々は常に日本が戦争するの悪かったとか、軍部が独走したって話になって、日本人が日本人の心で考えてちゃんと歴史を整理するってことを妨害しちゃう。731 部隊とかね、なかったわけじゃないんですよ、インパール作戦だって。

*ギルティープログラム: ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP) = 太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、GHQによる日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である(ウィキペディアより抜粋)


だけど日本軍は他の国と違って相手を全部救ったし、船が沈めばアメリカ軍でもなんでもイギリス軍でも全部救った。日本だけですよ、あれ。それからちゃんとぜんぶ規律守った。そのことは全く放送しない。同じやるんだってインパール作戦やるんじゃなくてマレー作戦やったら、輝かしい植民地軍をやっつける輝かしい戦いなんです。(一平さん:シンガポール攻略の)うーん、山下捧文がやった。ところがインパール作戦ていう間違った作戦もあるよ、人間だから。それだけをピックアップして、それをねー日本人に流すのに受信料を払えないよね。これ良心に背きますよ、僕なんか。良心に背く奴を受信料なんか払いたくない。だから皆さん、今年はNHKの変な終戦記念日の特集、絶対見ちゃダメだ。今日もね、特攻隊のやってたんだよ。だけど特攻っていうものとかガダルカナルの全滅なんかはね、その長い500年の白人支配から脱する一つの方法だったんだよ。ナポレオン戦争だって、ワーテルロー(の戦い)でもね、ナポレオンの配下の近衛兵というのが最後ぜんぶ全滅したんだから。それでなぜそういう時に歴史が転換する時になぜ全滅が出るのかというのはね、僕の見解では歴史が大きく動く時に千人とか二千人の部隊が全滅しないと歴史て変わんないっていうのが、いや全滅しなきゃいけないってんじゃないけどね、全滅してきた。その一つとしての特攻っていうものをNHKが取り上げるのはいいけど、全然違うんですよ。異常な戦闘方法だった。特攻を異常な戦闘方法だっていうのは今までの歴史を全く無視しなきゃ言えないんだ。だから僕なんか、「え、何を言ってんの」って感じですね。ガダルカナルで2万9千人が玉砕したんだけどもあれもやっぱり2万9千人なりのことがあったんですよね。それが終戦後の独立に結びついてるわけですから。ということであります。

[引用] 虎ノ門ニュース【DHC】2017/8/2(水) 武田邦彦、54分頃の解説より

-武田邦彦
-, ,

関連記事

日本が前の戦争で(世界を)正せなかったこと

(昨日の武田先生の解説の続き、書き起こし) ところがその後(第二次世界大戦後)に残念ながら残ったことがあるんですよ。そりゃ日本の戦争だけで全部片付くってわけにはいかないからね。何が残ったかというと、そ …

日本は2000年前から「国」という概念があった。ヨーロッパではせいぜい200年前からである。

日本だけが国という概念があったから豊臣と徳川が大阪で戦っても、そのあとイクサに負けてもそこの住人が奴隷として連れて行かれることはなかった。それは同じ「日本国」だから。普通は別の領土からきて勝利したらそ …

著作権 (1) – 著作権はもともと人間の知恵の創造物から生じているので個人がもつ権利とはならない

(武田邦彦先生のご解説、書き起こし) いま著作権のことについて多くの方が間違っておりますので、私がちょっと解説をしないといけないんですが、著作権ていうのは別の所有権こういったコップが誰のものかとかいう …

日本の女性の地位や権限は男性より上だった

もともとは日本の女性の権限は男性よりずっと長い間上だった。たとえば平安時代だったら女性は何を書いてもよかった(清少納言や紫式部)。ところが男性は漢字しか書いちゃいけなかった。創造は書けない。男性側が制 …

著作権(2) – Copyright Reserved って書いても日本では意味がない。「この権利は著者に帰属します」と日本語で書かなくちゃダメ!

 (武田邦彦先生のご解説。著作権(1)からの続き。書き起こし → ) ところが今度の事件は誰かわかんない人が文句つけて来てるわけですが、日本人は真面目なので、著作権という権利があると思ってそっちが先に …